Guild vs Guild Edit

概要 Edit

  • Guild vs Guild
    「GVG」もしくは「GV」と略称される。
    「特定mapで砦取得を賭けてPC達がギルド単位で戦闘をする」ことを指します。
    砦を取得すると取得ギルドに所属するメンバーに様々な特典があります。
  • 「砦を取得する」とは
    毎週日曜日の20〜22時になると、砦最奥に「エンペリウム」が出現する。
    この「mob扱いであるエンペリウムのHPを0にする」ことで砦取得と見なされる。
    そして、「GVが終了する22時時点の砦取得ギルドが1週間砦の所有権を与えられる」
  • 砦を取得するメリット
    • ギルドアジトダンジョンに行くことができる。
      一般mapからは行くことができない、「ギルドアジトダンジョン」に行くことができます。
      この「ギルドアジトダンジョン」は各地方毎に設定されているダンジョンです。
      (例:ヴァルキリーレルム<プロンテラの砦>だったら、ヴァルキリーレルム5つの砦全て同じダンジョンにつながっている。ただし、ブリトニア<ゲフェンの砦>のダンジョンとは別物。)
      ここには一般mapではお目にかかれないレアmobや特定MVPも湧くので、レア・MVPmobDropを取得することが可能となる。
      場所によってはレアmobの経験値のテコ入れなどがされており、経験値時給が良い狩場も存在する。
      (注意)
      同じ地方の他砦取得ギルドも同じダンジョン内に現れる上、ギルドアジトダンジョン内ではPV(Player kill)が可能である。ことを念頭に置かねばならない。

    • ギルド宝箱からアイテムを入手することができる。
      砦内にいる執事NPCを通して入れるマスタールーム(ギルドマスターしか入れない場所)に、1日1回、0時にmob扱いの宝箱が出現します。
      このギルド宝箱には強力・レアな装備品が入っていて、入手することができます。
      また、「神器」と呼ばれる超強力装備を作成することができる材料もここから入手できます。
      宝箱の出現数は「商業値」と呼ばれる物が設定されており、それを上げることにより日に入手できるアイテム数も増やすことができる。
      Dropの内容は取得した砦毎に異なるので、お目当てのアイテムを出す砦をピンポイントで狙うしかありません。

    • 特別なカプラサービスで快適に。
      ギルドスキル「カプラ雇用」を覚えている場合のみ、
      倉庫を無料で使える・各地へ格安で転送サービスをしてくれる。

    • 次回のGVを有利にする。
      「防衛値」というものが設定されていて、この数値を上げることにより
      「エンペリウム」・「ガーディアン」の耐久力や強化がなされます。
      エンペリウムの耐久力が上がることにより守りやすくなり、ガーディアンを使用すれば少々の戦力増強が見込まれます。
      ガーディアンはギルドスキル「ガーディアン研究」を取得してないと設置ができませんので注意してください。

目的 Edit

  • 概要で触れたように「GVが終了する22時時点の砦取得ギルド」になるのがGVの最終目標である。
    そのため、「いかに終了時刻までに砦取得ギルドになるか?」という方法・方針を模索することになると思います。
  • その方法・方針はたくさんあり、「最初から最後まで砦を守る」・「終了時刻ギリギリに砦を奪う」でも実質的な問題はありません。
    しかし、このような「どのような形で最終目標を達成させるか」ということを戦略と言います。
    こういった戦略は各Gの指揮官・管理人が立てるものであるため、このサイトで言及するのには限界がありますのでご了承ください。
  • ここでは、「どのようにして砦取得(エンペリウムのHPを0にする)にこぎつけるか?」という戦術の分野についての説明・解説ページになります。

シーズモード Edit

GVmap内ではシーズモードと呼ばれる特殊条件下で戦わないとならない。

変化する事柄シーズモード補正
ステータスFleeが20%減少する
ダメージ計算通常mapに比べてダメージが減少する。(100%)
近距離・遠距離物理攻撃80%
攻撃スキル全般60%
スキル罠スキルの通常持続時間が4倍になる
ヒットストップ無効・ノックバック・テレポート系効果は不適用
一部の高速移動スキルは不適用
移動不可・不可侵領域を作るスキルは不適用
アイテムヒットストップ無効・ノックバック・テレポート系の効果は不適用
詠唱妨害無効効果の装備品は不適用
PCによる影響所属GのエンブレムがPC頭上に表示される
戦闘不能後、即座にセーブポイントへ強制送還
画面切り替え時から10秒間は無敵になる(正確にはWPに入ってから10秒間)
(ただし、自発的な行動を取れば即座に解除される);
砦滞在中、砦取得Gに所属するギルメンはHP/SP自然回復速度が2倍になる
システム簡略化エフェクトになる。(/mineffect)
デスペナルティはない
自分の所属Gメンバー・同盟Gメンバー以外のPCに攻撃が当たる

一般のmob狩りとGVでの対人戦闘との差異。 Edit

  • 行動を見切れない。
    mobは特定のAI(人口知能)に従って行動しているため、行動を起こすトリガー・行動パターンがあります。
    このトリガー・行動パターンから相手の行動を予測し、対応するのが通常mobとの戦闘です。
    (GVでは)
    相手はPCを操る生きた人間のため決まった行動する訳がなく、予想外の行動をする人もいます。
    そのため、「こう動く相手にはこう対応しよう」っといった思考力・決断力・行動力が必要になります。
  • スキルの効果・威力・頻度が段違い。
    mobは通常攻撃を主体として、スキルはたまに使うか or 高頻度で使うかの違いがあります。
    そのため、立て直すのは比較的簡単である。
    また、mobの種類毎のステータスも固定であるため、スキルを発動するまでの時間・スキルダメージ、等がおおまかにわかる。
    (GVでは)
    相手はスキルしか使わず、立て直す時間もなく畳み掛けられて死亡してしまいます。
    同じ職種とはいえ、個別にステータス・装備・支援環境などにより桁違いの強さだったりするため、どんな相手にも気が抜けません。
  • 相手は集団で押し寄せてくる。
    MVPなどは取り巻きを4、5体呼び、本体もスキルをいくらか使う位が通常mobでの「対大勢」だろう。
    (GVでは)
    単独行動するPCは少なくギルド単位(2,30人程)で行動していると考えた方が良い。
    相手を攻撃しようにも耐える専門のキャラが矢面に立ち、相手の後方から魔法攻撃やら遠距離攻撃が飛んでくる。
    時には一気に距離を詰められて、前衛・後衛が一瞬で倒されるということもあるだろう。
    時には相手の妨害スキルによって思うように行動できず倒されることもあるだろう。
    GVはまさに「ヤるかヤられるか 」の世界となる。
  • 息ぴったりな連携をする。
    いくら強力なmobが複数いても、それぞれの攻撃がバラバラにくるのであればいくらでも立て直せる。
    (GVでは)
    攻撃職には最適な支援がかかっており、威力・使用準備などが万全の状態であると思った方が良い。
    そのため、出会い頭に攻撃スキルを乱打され瞬殺ということも珍しくない。
    また、一撃では沈まなくてもタイミングを合わせ一斉に攻撃されればいかに強固なPCでも瞬殺されてしまう。
  • 特定攻撃パターンのゴリ押しが通用しない。
    mobには有効な攻撃・攻撃パターンがあり、それを主軸にして同じことを繰り返すのが一般mobとの狩りである。
    (GVでは)
    いくら有力な攻撃・攻撃パターンでも同じことをしていては、相手も対策をしてきます。
    それは、スキルの性質であったり、スキルの出掛かりだったり何らかの弱点を突いてくるでしょう。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-18 Sat 20:44:29 JST