スキル Edit

スキルの基本的な情報は各スキルの詳細をみてください。
最適なステ型が使った場合の評価を書いているので注意。
有用度を表しているので、後述するスキル優先度とは別物である。
ケミ系がたくさんいて、役割が被るなら違う系統スキルをとって、
別方面から貢献する、等スキル再考の際に役に立つかもしれません。

スキル評価
☆☆☆☆☆そのステ型の特性を最大限生かせる。取得は必須。
☆☆☆☆あればあるだけ便利なスキル。強力であったり、扱い安さの点で優秀。
☆☆☆前提で十分なスキル。それ以上に上げるのも魅力を感じないもの
☆☆取得は個人の価値観による。人によっては不要と感じることもある
不要。そのステ型では使いこなせない可能性が高いことやあっても使わずじまいになる
  • 商人スキル
    スキル名前評価備考
    所持限界量増加☆☆☆☆回復剤を多く積めるので、出来れば高Lv取得したい。
    砦防衛時など倉庫に行けない状況で有用になる
    プッシュカート☆☆☆☆10必須。移動速度が遅いと戦闘にならない。
    メマーナイト☆☆クリエ以上になると、コストに威力が見合ってないので使用は控えられる。
    カートレボリューション☆☆☆攻撃が2回判定される
    状態異常・装備破壊武器と相性が大変良い。
    ラウドボイス☆☆☆余裕があれば使っても良い
  • アルケミストスキル
    スキル名前評価備考
    斧修練☆☆カート系スキルに乗るので使用するなら取得推奨。
    ラーニングポーション☆☆☆☆☆回復剤による瞬発力が桁違いになる。
    デモンストレーション☆☆☆オブジェクトなのでGVでは不発の危険性あり
    武器破壊効果のある設置スキルとして有用
    敵・味方区別なく攻撃を受ける
    アシッドテラー☆☆これを使うのはよく考えた方が良い
    ポーションピッチャー☆☆☆☆VIT系PCならヒール系よりも回復する可能性がある。
    詠唱やディレイがないので瞬発力・連射性能で優れている
    バイオプラント☆☆☆☆☆フェアリーフが扱いやすいが、自動攻撃が短所になる場面も。
    ボス属性特性によりハイド・クローク破りに活躍
    スフィアーマイン☆☆扱いが難しいため、戦闘では日の目をみない。
    自分を含め全ての対象にダメージが入る
    ケミカルヘルムチャージ☆☆☆装備脱衣・破壊が防げるので暇を見てはかけるのを推奨。
    かける箇所・職位は打ち合わせておくこと。
    ケミカルシールドチャージ☆☆☆☆☆
    ケミカルアーマーチャージ
    ケミカルウェポンチャージ
    ホムンクルス関係スキル☆☆☆AIと使い方によっては有用だが、動作が重くなる可能性は否めない。

  • クリエイタースキル
    スキル名前評価備考
    スリムポーションピッチャー☆☆☆☆PPを強化して範囲化したもの。
    スキル計画をよく考えること
    フルケミカルチャージ☆☆☆☆☆クリエ系が使用を期待される支援スキル。
    コーティング薬一個で重要箇所全てがコート可能。
    時間の許す限り使うと良い。
    アシッドデモンストレーション☆☆RR化により対人マップでは−補正がかかるようになった
    コストと威力が見合わないと思われる

  • ジェネティックスキル
    スキル名前評価備考
    剣修練☆☆カート系スキルに乗るので使用するなら取得推奨。
    カート改造☆☆☆☆カート積載量が増えるのであれば有用
    トルネ・キャノンを使うなら、5必須。
    カートトルネード☆☆ノックバックしないので連打攻撃可能。
    カートキャノン☆☆☆連射性能もよく後方から範囲攻撃できる。
    長目の詠唱なので高DEX必須
    状態異常・装備破壊武器とは相性良好。
    カートブースト☆☆☆☆すばやくなるので、有用。
    5まで取れば速度減少スキルが怖くない。
    スリングアイテム☆☆PVmap専用スキル
    触媒の入手が難しく、効果・扱いに工夫が必要。
    詠唱がない遠距離範囲攻撃の状態異常付与スキル
    ソーントラップ☆☆☆☆敵を足止めすることができる。ダメージはおまけ程度に
    ソーンウォール現在はGVmapで使用禁止
    クレイジーウィード☆☆☆☆☆地面対象スキルを消し去る効果がある。
    ニューマ・ランドプロテクター等厄介なスキル対策に。
    ブラッドサッカー☆☆☆☆継続的にダメージを与えるため
    詠唱が長いスキルを実質使用不可能にするスキル
    ヘルズプラント☆☆☆☆直置き可能である。
    威力はINTが直結し、軽減し辛い点が優秀。
    ハウリングオブマンドラゴラ☆☆☆☆☆ジェネが使用を期待されている妨害スキル。
    固定詠唱を付加するスキル
    GVでは攻防において影響を与える
    スポアエクスプロージョン☆☆☆☆長目の射程・広範囲に攻撃可能
    状態異常・装備破壊武器の効果あり
    デモニックファイア☆☆☆特定ステならそこそこのダメージを出す模様。
    ファイアエクスパッション☆☆☆デモニックファイアを前提とし、詠唱もあるので即応性に欠ける。
    特殊効果を有効に使えれば

各スキル詳細 Edit

スキルの使用優先度
★★★★★最優先で使用をするスキル
★★★★☆可能な限り使用を望まれるスキル
★★★☆☆状況によっては有用な場面があるスキル
★★☆☆☆使用は自己の判断により、極力他のスキルを使用した方が望ましいスキル
★☆☆☆☆ほとんど使用する機会はないであろうスキル

メマーナイト 優先度:★★☆☆☆  Edit

高STRのアルケミなら使う場面があるかもしれない。
お友達はWiz・ハンターです。
低STR型は状態異常・装備破壊武器でCR振り回してた方が役に立つ

あぁ、BSのオーバートラストが非常に羨ましいorz
(威力うp=確殺HITが減って非常に経済的)

カートレボリューション 優先度:★★★☆☆  Edit

状態異常Cを挿した武器をもってのCRが一般的。
モルボルはカード1枚ごとに判定されるので非常によろしくない。同じカード4枚が基本。
崖上Wizまで駈けずりあがってのCRなど、ケミのしぶとさを活かしたプレイができる。
当たり判定が2回ある・ハイドしてる人間にも当たり判定がある。

デモンストレーション 優先度:★★★☆☆ Edit

ダメージより、武器破壊目的で使う。せまいWPなどの防衛時に使える。
足止めとしては有効(味方にも自分にも当たるけど)
だが大抵オブジェクト最大数制限やラグにつかまって不発する。
出せれば有効活用しておきたいところだ。

アシッドテラー 優先度:★☆☆☆☆ Edit

多くのアルケミストにとって、GvGでのメインウェポンだった。
これを使うならADSを投げるクリエ系に触媒を渡し、CRで状態異常・装備破壊を撒く方が良い。
鎧を壊すと凍ったり、魔法のダメージが強くなったりとかなりいい感じ。
ジョークバードとの相性が良い。基本詠唱時間は1秒だが、塩酸を投げるためだけにVIT-DEXという型が存在するくらい。

ポーションピッチャー 優先度:★★☆☆☆ Edit

Gvにおいてはある種プリ以上の回復スキル。
VIT騎士、クルセには4k近くの回復を連打で与えることができる(白PP)。
ソウルリンカーからアルケミストの魂を受けると回復力が向上する。
更にペクソジンcを使うとただの白ポで10K回復すら可能になるがTOM
敵の防衛線突入時には非常に頼もしい回復スキル。

ケミスキルでは唯一キャスティング時間がない。
青ポピッチャーで他人のSPも回復させることができる。
基本的に回復は各自か支援がするので、よほど重要な局面で耐える必要がある場合以外は攻撃や妨害に当たった方が良い。

バイオプラント 優先度:★★★★★ Edit

集団で行動してる時より、少数防衛で時間を稼ぐ場合に使うスキルだろう。
(集団だと展開が早いため召喚したは良いものの、戦場が先に進展していて置き去りになる。)
HITSTOPとしての機能としては申し分なく、Agi前衛(足止め)が不足してる場合のために
フェアリーフ防衛などと呼ばれるものも存在する。
ずっと攻撃するため、凍結・石化・睡眠・深い睡眠は起こしてしまうので注意。
Lv4まで取るのはおすすめ。
Lv5(ジオグラファ)はGv出ない人向け。一応プラントのHPは上がる。

忘却バグ対策からボス属性に変更された。
TEではハイド・クロークを見破る方法がかなり限定される。
そのため、数少ない監視役として機能する。

スフィアーマイン 優先度:★☆☆☆☆  Edit

味方や自分に当たる為不安定すぎる。
スクリームでスタンしてしまったり思い通りに使うのは非常に難しい。
火力としてはかなり高い(TE位)のだが、やはり微妙(略
Gv開始前に自爆テロが出来たりするが評判が激悪化するだろう。

ケミカルヘルムチャージ 優先度:★★☆☆☆ Edit

他の部位に比べれば優先度は低め。
耐性装備で固めているVIT前衛には有用。
(相手にケミ有りと判断したローグは、コートが省かれやすい頭脱がしを連発してくる)

超ブルジョア祭り以外は基本的にかける余裕なし。また5とってる人間も稀。
他に取るスキルが無いならLv5、有るなら前提のみでも問題なし。

ケミカルシールドチャージ 優先度:★★★★☆ Edit

タラCを挿した盾を脱がされると被ダメージが急激に上がるため、比較的優先度の高いスキル。
クルセイダーは盾を利用したスキルが多いので、前線で戦うクルセイダーには忘れずかけてあげたい。

原因:ローグ系の脱衣
職優先度:ダンサー・バード系>VIT前衛・ローグ系>プリ系

ケミカルアーマーチャージ 優先度:★★★★☆  Edit

マルクCを挿した鎧を脱衣・破壊されると、敵バードのジョーク・ウィズのSGで凍結してしまう。
また属性鎧を装備できないと、魔法によるダメージが跳ね上がる。
攻撃側の場合は味方前衛(特に大魔法地帯の突破役)にかけてあげる。

MDや塩酸で破壊された場合、修理に手間がかかるため復帰に時間がかかる。
まずはこれをMAXまで習得しよう。

原因:WS系のMD、ケミ系の塩酸系、ローグ系の脱衣、RG系でSdS3付与後、武器:メイルブレイカー
職優先度:ダンサー・バード・モンク系>VIT前衛・ローグ系>プリ系

ケミカルウェポンチャージ 優先度:★★★★☆ Edit

攻撃側の場合、エンペの破壊役や敵後衛の殲滅役にかけておくと良い。
前衛は武器がないと多くの有効なスキルが使えなくなるので、こちらも優先的に。

VIT騎士は武器が使えなくてもプロボックによる詠唱妨害が有効なので、優先度は少し下がる。
バードは楽器が装備できないと演奏スキルが使えないが、立ち位置の都合狙われることはまれか。
ハンターやWizは一般的に高DEXで、脱がすよりも殲滅した方が早いため狙われ難い。
WSのMDが登場した事により脱衣に若干強かった弓職にとっても必要なスキルとなった。

原因:WS系のMD、ケミ系のデモスト系、ローグ系の脱衣、武器:ソードブレイカー
優先度:アサ・BS>騎士・モンク系>>ハンター・バード系

ホムンクルス関係スキル Edit

ホムのAIをカスタムすることでいつもとは違う行動をできるようになる。
専門知識とホムと一緒に戦い人向け。

  • リーフ
    ジェネ以外なら「緊急回避」で速度ブーストとして有用。
  • アミストル
    「ディフェンス」を使うことでDef+30の効果で少しはマシになるかも。
  • フィーリル
    ホムは演奏系の影響をうけないので、奥義「S.B.R.44」でロキ潰し等が可能。
  • バニルミルト
    ランダム性から対策し辛い「カプリス」
    範囲攻撃の「バイオエクスプロージョン」、等が選択肢となるがR以降の情報はない。

スリムポーションピッチャー 優先度:★★☆☆☆ Edit

旧砦では使い所の難しいスキルであったがSE砦での平地戦、特に集団戦において威力を発揮するようになった。
PT+ギルド+同盟に効果が出るので、バリケード前での攻防や、戦いが密集している所へどんどん投げ込む。
低DEXだと連打があまり出来ないのでステータスによって取得を決めるのが良い。
投げる時はDEX武器よりも、モーションディレイが少なくASPDが上がる素手の方が好ましい。

フルケミカルチャージ 優先度:★★★★★  Edit

全箇所に一度にコートを施す。コートに要する時間も短く、経費も安く済む。
突入前や、EMC前など必要なユニットに手早くかけるよう努力しよう。ギルチャやIRCなどの情報や指示を見逃さないように。
ゴスペルを使う場合はゴスペル後にコートしなければならない事もあるので確認を取ろう。
(鎧に聖付与されると脱いで解除する、ゴスペル使用者は支援全解除される。)
シャドウチェイサースキル「マスカレイド・ウィークネス」は防げない。

職優先度:

アシッドデモンストレーション 優先度:★★☆☆☆ Edit

RR化で−補正がかかるようになり、大幅弱体化してしまった。
がんばってステ・装備を特化すればTE位なら使えないこともない。
だが、そこまで頑張る必要性は恐らくない。
ご利用はご計画的に。

職優先度:

カートトルネード 優先度:★★☆☆☆ Edit

特化武器で使用するならそこそこのダメージが出るが、継続火力として真価を発揮するスキルなのでGVでは威力目当てでは使い辛い。

カートキャノン 優先度:★★★☆☆ Edit

射程が長いスキルであり、範囲攻撃、状態異常・装備破壊装備が乗ると妨害スキルとして中々優秀なスキル。
ただし、詠唱長目・固有モーションあり(秒間2回が限界)なので使用する場面は限られる。
使う場面は連携で敵を落とせそうな場合に対して削る・妨害のために使う位だろう。

カートブースト 優先度:★★★★☆ Edit

機動力は上がり、Atk上昇、Lv5なら速度減少効果をものともしなくなる。
デメリットはないので、常時使い続けて効率向上を図るべきスキル。

スリングアイテム 優先度:★★☆☆☆ Edit

基本的にはダメージには期待せず、状態異常付与するスキル。
目ぼしいものは「スタン・移動速度低下・転倒」である。
スキルを使用するには「爆弾製造」で対応した爆弾を作らねばならないが、素材の入手性が良くない。
遠距離・範囲攻撃(狭いが)・無詠唱とキャノンと違いステに依存しない長所はある。
しかし、RR化で状態異常確率が減少、ダメージ0だと状態異常判定が無効になる変更がなされた。
結果的には扱い辛いスキルとなり、状態異常武器と他スキルで代用され、スキルポイントは節約される傾向がある。

ソーントラップ 優先度:★★★☆☆ Edit

RR化で直・重ね置き不可能に変更。
これにより、突発的な戦闘では使い物にならなくなった。

詠唱時間は少なく、遠距離設置可能
相手を移動不可状態にし1秒間隔でダメージを与える。
あらかじめ仕掛けておき、相手に接近を予防する。
触媒の素材を落とす敵が厄介なのが難点。

クレイジーウィード 優先度:★★★★★ Edit

LPやニューマといったスキルの障害となるものを即座に消す効果がある。
他の同種スキルと違うのはダメ−ジを与えることができるため、その攻撃範囲内から敵を追い出すことができる。
敵は退かざるをえず、そのポジションを明け渡すことになるだろう。
そのため、スキル解除→再設置のイタチごっこには発展し辛いメリットがあり、相手をジり貧に追い込むことができる。
多少のランダム性はあるが時間をかけずに攻勢をかけたい電撃戦で有用になるスキル。

RR化の影響でメイン火力が遠距離物理スキルが主力になった。
それを防ぐために、ニューマ、ウォールオブフォグ、ニュートラルバリア等が敷き詰められている。
ウィードはこれらを一気に消すことができるので戦局を一気に傾ける戦略上重要なスキルになった。

ブラッドサッカー 優先度:★★★☆☆ Edit

詠唱時間がすこしあるが、射程は長く、ダメージは1秒間隔で持続時間も長い。
HP回復効果は発動しない模様。
複数回使っても、ダメージは一回分しか発動しないが、時間更新可能。
EMC持ちのGマスターや詠唱が付きもののウィズ系に使うと無力化できる。

職優先度:GマスターPC>ウィズ系>プリ系

ヘルズプラント 優先度:★★★★☆ Edit

ダメージがINTに直結するが、軽減する手段は極わずか。スタン付与効果があり中々の確率でなる上、持続時間が長い。
直置き可能でワンチャンで敵を沈めれる可能性がある。

RR化により、重ね置き不可能、反射無効に変更された。
ADSの弱体化、反射無効による使い勝手向上によりジェネ系のメイン火力スキルになった。

ハウリングオブマンドラゴラ 優先度:★★★★★ Edit

固定詠唱を付加するスキルであり、Lvによって精神衝撃付与する確率等スキル効果と自らの固定詠唱時間が増えていく。
低Lvだと連射性能が良い(固定詠唱がない分)がスキル効果は低目。
高Lvだとスキル効果は高いが、連射性能は少し劣る。
いかなるスキルでも固定詠唱が付加されるので職問わず有力な妨害スキルである。
触媒はmobDropなので作成する手間はない。

RR化により、ディレイ・クールタイム大幅増加のため連射性能低下。
ただし、最低保障確率が追加されたことと警戒が薄れ対策を怠る人が出てきたため
かけやすさ自体は上がっている模様。

ファイアエクスパッション 優先度:★★★☆☆ Edit

デモニックファイアの範囲内に打ち込まないといけず、
ファイアエクスパッション自体にも詠唱があるのである程度狙って使う必要がある。

RR化により、攻撃スキルであるLv5は弱体化した。
他Lvの特殊効果狙いで使うスキルになった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 Mon 12:56:41 JST