ステータス Edit

ステータスタイプ例 Edit

  • 代表的なステタイプです。
  • ここに書かれているステのケミが主流!最強!!というわけでは決してありません。あくまでステ振りの一例です。
  • 情報を鵜呑みにするのではなく、参考にしつつ、最終的に自分で考えてステ振り計画を立てましょう。
    自分で考え抜いて作り上げたキャラクターには自然と愛着が湧くものです(*´д`)
  • 各タイプの詳細リンク、情報求む!該当ステのキャラ持ちの方はご協力いただけると幸いです。

    リニューアルパッチ(2010/07/06)により、仕様が大幅に変更されています。
    R化に対応しております。しかし、表記ミス等があるかもしれません。修正は随時受け付けております。

  • このゲームに登場する職業・ステ型は3つのカテゴリーに分けることができる。
    (便宜上ここで勝手に呼称させてもらう。)
    カテゴリーを具体的に表現したのがステータスタイプである。

    ケミ・クリエ時代だと、三点バランス崩れでもある程度振れるステPが限られていたが、
    三次職になると、三点バランス崩れという名のフラット(全てのステが大体一緒)が色々と都合が良いみたいです。

    育成の途中段階の目安にお使いください。
二極
攻撃にのみ特化して防御ステに振らないタイプ。
マジ・弓手系に代表される。…ケミ系では成り立たないステ型
三点バランス
攻撃手段となるダメージソースのステ、
攻撃発生に必要もしくは・快適な条件になるようなステ
防御手段となるステ
の三点に振ったカテゴリー(AGI型に代表される。)
三点バランス崩れ
三点バランスから、個人の特性を発展させた派生カテゴリー
(VIT型にAGIやINTを振る事など)

  • 対人ではシーズモードと呼ばれる環境下で戦わないといけないことや
    敵となる主要職業対策にステータスを割いたりと何かと特殊です。
    そのような特殊な対人ステはこちら
  • ステ型を見る際の注意点
    S=STR、A=AGI、V=VIT、I=INT、D=DEX、L=LUK
    スキル評価
    ☆☆☆☆☆そのステ型の特性を最大限生かせる。取得は必須。
    ☆☆☆☆あればあるだけ便利なスキル。強力であったり、扱い安さの点で優秀。
    ☆☆☆前提で十分なスキル。それ以上に上げるのも魅力を感じないもの
    ☆☆取得は個人の価値観による。人によっては不要と感じることもある
    不要。そのステ型では使いこなせない可能性が高いことやあっても使わずじまいになる

    Type名称育成難易度対人コメント
    A>S>D
    →詳細
    AGI型☆☆☆☆★×狩りステとしては一番ポピュラーな型。
    高回避&高ASPDによる低コスト・秒間火力の高さが魅力。
    ホムと一緒に狩るのにも最適な型
    A>S>D≧V
    →詳細
    AGIバランス型☆☆☆☆★×ややVITに振ったAGI型。
    上記AGI型に比べて回避、殲滅のどちらかが若干劣ることになる。
    S>A>D
    →詳細
    STR先行AGI型☆☆☆☆★×殲滅力重視のAGI型。
    最低限のAGIを確保し、残りを殲滅力でカバー。
    A>S>L
    →詳細
    クリティカル型☆☆☆★★×クリティカル攻撃(通常攻撃*1.4)を連発する型。
    装備は限られており、武器は転生職限定なので、実質クリエ系の型である。
    V=S>D
    →詳細
    VIT型☆☆☆★★高VITによる高HP、PP/LPを最大限に活かせる型。
    PTでの壁性能は中々のもの(但し回復剤使用してのお話)。
    但し通常攻撃での殲滅力はAGI型に劣る。
    スキルでの集団殲滅頼りとなる。AGI型に比べて狩場がやや限られる。
    S>V>D>I
    →詳細
    VITバランス型1☆☆☆★★INTに若干振りSPを確保したVIT型。
    高STRのCRを主軸とした狩りがメイン。一番のライバルはおもち
    S>V>D>A
    →詳細
    VITバランス型2☆☆☆★★AGIに若干振りASPDを上げたVIT型。
    対人戦においてメマーの秒間ダメが上がるのも魅力か。
    A>I>D
    →詳細
    AS(オートスペル)型☆☆★★★×ファイアーブランド・アイスファルシオン(宝剣)などで殴りながら
    オートスペルに期待するASセージに近い型。
    I>S=D
    →詳細
    ADS型☆★★★★×RR化後の「アシッドデモンストレーション」に特化した型
    敵mobの高HP・Exp化を受けて狩りスキルとしては微妙に
    対人では-補正がかかるため使われなくなった。
    半製薬型
    →詳細
    半製薬型☆★★★★×製薬に必要なステをメインに、戦闘に有効なステにも若干振った型。
    型は多岐に及ぶ。半製薬の基準は人次第で、結構曖昧。
    D=L>I
    →詳細
    純製薬型★★★★★×ファーマシーに必要なステを最も効率よく配分した型。
    戦闘ステに振っていないため、育成は困難をきわめる。
    三次職向け

    →詳細
    物理攻撃型☆★★★★低Lv時はAGI型のようなステ振りになる
    火力スキルによって細かい違いはあるが
    狩り方をスイッチすることは可能
    I>D>V≧A
    →詳細
    ヘルプラ型☆★★★★ダメージがINTに直結するジェネスキルをメインに戦う型
    Gvでは主流の型になった
    過去の型
    V≧D>S
    →詳細
    VIT塩酸型☆☆★★★対人戦での「アシッドテラー」に特化(高速詠唱)した型。
    STRが低めになるため、殲滅力がほぼ0。
    ソロ育成はなかなか厳しい。
    I>D>V=A
    →詳細
    宝剣型☆☆★★★×ファイアーブランド・アイスファルシオン(宝剣)などで距離を取って
    遠距離から手動ボルトを使うマジシャンに近い型。
    I>D≧V
    →詳細
    旧ADS型☆★★★★クリエ限定ステ型。
    クリエスキル「アシッドデモンストレーション」に特化した型。

    R化前の古い情報、R化後の情報はADS型を参照すること。



各ステータス Edit

  • キャラの基本的な強さはLvで表される。
  • STR・AGI・VIT・INT・DEX・LUK、の6つのステータスを”基礎ステータス”と呼ぶ。(R前はこのステータスの恩恵が大きく、キャラ性能の判断基準はステ値で行われていた。)
  • それ以外のステータスは、基礎ステータスを元として算出される”二次ステータス”と呼ばれる。(戦闘に直接関係するのはこちら。2009年辺りから二次ステータスを直接増加する装備・アイテムが増えてきた。)

Lv Edit

  • ポイント目当て と MHP・MSP上昇目的に上げるステ。
  • Lvには二種類存在する。
  • BaseLv
    レベル帯に応じてステータスポイントを与える。(ステを上昇させる事ができる。)
    区切りが良い所では主要な二次ステが微量ながら上がる。
    このゲームはLvよりも"ステータスポイントをいかに使うか?"
    で、強さが変わるために他のゲームと同一視しないこと。
  • JobLv
    スキルポイントを与える。(レベルに関わらず1づつ。)
    純粋にスキルを使用可能にするもの。
    基本的には、Base経験値のEXPよりJob経験値のJEXPの方が少ない。

STR Edit

  • ATKを上げるのがメインのステ。

  • ATK (ATK1=STR1)
  • 10の倍数毎にATKボーナス(10の桁の2乗)が付きます
    20ならば基本ATKが 20+2*2 = 24、51なら 51+5*5 = 76となります。
  • 高STRを目指したい人は…
    • STR130(PT、理想装備)
      STR99+補正5+ラウド4+銃奇兵靴2+熱血鉢巻2+悪魔の羽耳1+ピッキ鎧1+パワリン4*2+ブレス10=130 ATK130+169+10=309
    • STR110(ソロ、通常装備)
      STR95+補正5+ラウド4+マンクリ3*2=110 ATK110+121=231
      (R化により高STRを目指す意味がかなり薄くなった。)
  • STR1ごとに所持重量限界+30される
  • R化によりStr武器ペナルティという概念が追加されました。
    これは、特定のStr値より低いと武器の攻撃力が低くなってしまうものです。
    そのため、昨今のStr事情はこのStrペナをなくすのを前提としています。

AGI Edit

  • Hit依存の攻撃を回避するFLEE 及び 攻撃速度ASPDの上昇 をメインとするステ

  • FLEE (FLEE1=AGI1)
    基準値100 があり、 BLvに比例して上がる LUKでも極少量ながら上がる。(LUK5=AGI1)
    ただ、AGIはどれよりも反映されやすく、上げやすいためFLEE上昇ステに適する。
    mobには 要FLEE=「この数値以上のFLEEがあるとほとんど(95%)攻撃が当たりません!」 というのが設定されているので、ターゲットmobと戦うための一つの基準とされている。

    しかし、3体以上の敵に囲まれるとFLEEが激減する"囲まれ補正"や状態異常暗闇・スタン・石化、
    必中の攻撃スキル等の関係で、必ずしも安全という訳ではない。

  • ASPD
    1秒間に攻撃できる回数の目安となる。
    1秒間にどれだけ攻撃できるか? =秒間ダメとして表現される。
    そのため、ASPDは一発一発の直接的なダメージを強化するのではなく、
    敵を倒すのに必要な、総合的なダメージをいかに早く到達させるかという強化概念を表す。

    職業毎に武器のASPDが決められており、アイテムやスキルを使って強化するのだが、
    武器の性能や刺せるc枚数や種類の都合、最高のASPDを誇る武器=最も強い武器とはならない。
    (攻撃一発辺りの差異が秒間攻撃回数が少なくても、凌駕する可能性もある。)
    R化により、小数点以下の部分は反映されなくなった。ASPDが丁度上がるAGI数値が効率的。
    また、BLv99以下では190が限界  BLv100以上で193が上限になる。

    秒間攻撃回数
    〜183=秒間2発
    184〜187=秒間3発
    188〜189=秒間4発
    190〜191=秒間5発
    192=秒間6発
    193=秒間7発

  • 状態異常"出血""睡眠"の耐性が上がる。
    ステでも耐性が付くが、装備品やLV補正で防ぐ手もある。

VIT Edit

  • MHPの上昇 と 状態異常耐性 を上げるのがメインのステ。

  • MHPの上昇 (MHP+1%=VIT1)
  • HP回復量の上昇。(回復アイテム+2%=VIT1)(自然回復量+1=VIT5=最大HP100毎)
  • DEF関係も上昇 (DEF+1=VIT2) (MDEF=VIT5)

  • 状態異常 スタン・毒・猛毒・呪い(持続時間)・沈黙 に耐性を与えてくれます。

INT Edit

  • MSPの上昇  MATK上昇  詠唱時間短縮(R化後)  目的で上げるステ。

  • MSPの上昇 (MSP+1%=INT1)
  • SP回復量の上昇。 (回復アイテム+2%=INT1)(自然回復量+1=INT6=最大SP100毎)

  • MATK・MDEFの上昇。 (MATK1=INT1)(MDEF1=INT1)
  • MATKボーナス 8の倍数毎に発生する。
  • INT120を越えた場合は上記に加え更に[ (INT-120)/2 ] + 4のボーナスが追加されます。
    要はINT120、122、124‥と回復量が増加。
    (R化でなくなった)
  • Int武器ペナルティという概念が追加されました。
    これは、特定のINT値より低いと武器の魔法攻撃力が低くなってしまうものです。
    そのため、INTはこのINTペナをなくすのを前提としています。
    STRペナと一緒だが、MATK武器はどれも高い数値ではないので、STRペナよりハードルは低い。
  • クリエイターのスキル、アシッドデモンストレーションにはINT値が直結するので特化する場合は出来る限り高い数値が欲しい。
    (スキルの仕様変更でMATKが影響するようになった。)
  • 一部のジェネティックスキルでINT値がダメージに直結するので、その特化はINTを上げると良い。

  • 詠唱時間の短縮はDEXの半分程の効果だが、スキル威力目的で高INTの場合はDEXを削るという手法も可能に。

  • 状態異常 睡眠・沈黙・暗闇・凍結(MDEF)・石化(MDEF) の耐性を与えてくれます。
    • 暗闇
      持続時間は約15〜30秒で、対象のBLv及びINTで変わります。
      持続時間 = 30 - BLv/10 - INT/15 (sec)
  • ファーマシー系の製薬成功率に若干ながら影響します。
    ファーマシー→(成功率+INTx0.05)%

DEX Edit

  • Hit上昇 と 詠唱時間短縮 がメインのステ。

  • HIT(Hit1=DEX1)
    武器研究が無いので同じ商人派生職とはいえ、同HITを目指す場合BSよりもDEXを多く振る必要があります。
  • 武器最小ATK補正
     最小ATK=最大ATK(ダメージが一定)になるDEX
    (Str武器ペナルティに組み込まれていて、効果を実感することはない。)

  • DEXには詠唱時間短縮効果があり、DEXが高くなるほど詠唱時間が短くなる。
    実詠唱時間 = 基本詠唱時間 * ( 1 - DEX / 150 )
    瞬時にADSやSPPを使い分ける対応力が必要になる際には、高速連打が出来る方が便利なので高DEXが要求される。
    可能なようなら無詠唱(DEX150)までいければベスト。
    DEX120未満ならマジックアイズを、DEX120以上なら矢リンゴを使うとよい。
    最近では、計算式の都合、詠唱時間短縮装備の評価が上昇して、DEX装備の評価が下がっている。

  • ファーマシー系の製薬確率・通常料理やミックスクッキングの成功確率に影響する。
    ファーマシー→(DEX1=製薬率+0.1%)
    通常料理→(DEX1=成功率+0.2%)

LUK Edit

  • Cri 及び 万能ステ として上げるステ

  • Cri(Cri1=LUK3)
    クリティカル攻撃を発生させるのに必要なステで
    (Cri-敵Luk*0.2)%でクリティカル攻撃が発生。

  • R化してから、色々な二次ステを上昇させる効果が付いた。
    (LUK3=ATK1=MATK1=Hit1)
    (LUK5=FLEE1)
    少々のステポイントが余るなら、注ぎ込んでみるのも一考。

  • 完全回避(完全回避1=LUK10)
    通常攻撃のみ回避することができる。FLEEとは別判定の回避手段。
    あちらは、Hit依存ならスキルを回避することができる。"囲まれ補正"が生じる。
    こちらは、スキルは回避不可だが、"囲まれ補正"が生じない。
    昔は、AGI前衛がトリオ以上の際に、少しでも安定化を計るため用いられた。
    最近では他職業で高い数値になるので、脚光を浴びている。

  • 状態異常 呪い・混乱・石化耐性がつく。
    及び 毒(Vitの1/7or1/15)・スタンの持続時間(Vitの1/3)に耐性を与えてくれます。
    呪い耐性が付くが、LUK0だと呪い状態にならないというシステムを使って、完全耐性を備えるケースが多い。

  • DEXと同じくファーマシー系の製薬確率・通常料理やミックスクッキングの成功確率にいくらか影響する。
    ファーマシー→(LUK1=製薬率+0.1%)
    通常料理→(LUK=成功率+0.1%)


攻撃ステータスポイント効率 Edit

STR Edit

R前は二次関数的に威力が上昇したが、
R化後は特定の数値から上昇率が悪くなる。(ステPの効率が悪くなる。)
そのため、よく使う武器のStrペナルティが解除される数値か
各々の事情により、それより少し高いかっという具合である。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-21 Tue 11:32:09 JST