Last-modified: 2011-05-15 Sun 08:01:15 JST (2326d)

ぷち強いマジ型

概要

基本概要はこちらを参照の事。

2PCという個人環境が無いプレイヤーに向く育成スタイル。

ソロで転生を目指して効率重視であれば、このタイプがベスト。
また付与目的のセージの場合はこの型が育てやすくスキル振りも比較的余裕がある。
とりあえずセージを齧ってみたいといったプレイヤーにもお勧め。

マジシャン時代とやる事は変わらないが、FCによる移動詠唱とCCによる詠唱中断を活かし、臨機応変な対応が可能。
ただし、マジシャン時代から発光までやることが変わらないため、転生最優先の場合はモチベーション維持が最大の課題になってくる。

Lv70を超えたら異世界へデビュー、そのままオーラまで突っ張ることが可能になり。若干教授への敷居も下がった。

ステータス

ついぞR化によりシステムが変更になったとはいえ、やっぱりこの型の狩りステはほぼ二択。
INT極でDEX型主に選ばれる。
INT-AGIというスタイルもあるがR化によるMATKの仕様変更により、
不死系MobのFW焼きにかなりの手間が増えるようになった為、INT-AGI型は今後の狩場に悩みそうである。

それぞれ一長一短なので自分にあったスタイルを選ぶとよい。
戦闘スタイルの都合上、VIT型はまだしもSTR型やLUK型はあり得ない。

INT-DEX

  • 通常はまずINTをカンストさせ、それからDEXに振ることが多い。
  • 効率と安定はトレードオフ。防御ステが皆無のため死ぬことも多いが火力が高いため、高い効率を出すことも可能。
  • 数あるステタイプの中では一番死にやすく、もっとも状況判断能力が必要とされるので神経質なプレイになりがち。
  • デスペナは永遠のお友達。発光間近には特に事故死に注意が必要となる。
  • 相性の良いスキルはFW、ロングボルト、高TS、HD。

INT-DEX>VIT

  • 基本的にINT-DEX型と同じだが、ある程度のDEX確保後即死を防ぐ為にVITに20〜30ほど振った型。INT-DEX極に比べ安定した効率を出すことが可能。
  • マジ系の弱点であるスタンにやや耐性があるのが強み。ただし、ソニックブローやハンマーフォールでのスタンを防げるほどではないので過信は禁物。
  • 完全に防げるようになるのはせいぜいウサギの石投げくらい。
  • 地味に回復アイテムの性能が上がるのも忘れてはならない。
  • 相性の良いスキルはFW、ロングボルト、HD。

INT-AGI(>VIT)

  • 通常はまずINTをカンストさせ、それからAGIに振ることが多い。
  • 効率を出すには回避可能なアンデットを焼くのが良いとされていたが、R化に伴い難しくなった。
  • INTによる詠唱短縮効果、装備やインプc、シロマc、アイシラc等のアイテムが充実しており、詠唱時間が長い魔法での狩りも可能となった。
  • 一般的に敵を纏めてFWに流し込み易くするための回避確保という意味でのAGI振り。
  • FLEEが高まってきたらFCAS型に転向も可能。
  • Lv90後半でのデスペナを考えると回避力の高さは馬鹿に出来ない。
  • 相性の良いスキルはFW、SS、HD、FBl。横湧き対策にFD等も。

INT-AGI>DEX

  • 基本的にINT-AGI型と同じだが、目標狩場で回避できるAGIを確保後火力UPの為のDEXを振った型。
  • しかし、FWで焼きつつ横湧きした敵を氷雷コンボで落とせるようになるのはLv90台。
  • INT-AGI型と同じく、FCAS型へのスイッチに向く。
  • 比較的自由にスタイルを変えられるのでモチベーション維持の面ではよい。
  • 相性の良いスキルはFW、SS、HD、FBl、FD。

INT>DEX>AGI

  • 通常はまずINTをカンストさせ、その後FW→TS10→TS10がギリギリ間に合うDEX(約補正75〜80)を振り、残りをAGIに振った型。
  • 監獄で、QMの無いセージにとって厄介なシャアをある程度避けようという、監獄のみに的を絞ったステ振り。木琴を付けられるようになるのがLv90〜Lv94あたりから
  • 相性の良いスキルはFW、ボルト10、SS、HD、TS10、DN5、CC、FC
  • 最終狩場は監獄。
    • 杖に刺すカードはドロップスよりゴキがステP的によい。
    • 鎧カードはINT+1でプロボが防げるドルがお勧め。ヒルクリ用に着替え(コデザ服等)を持参すべし。
      • <補足(プロボを防ぐ意味):プロボを食らうことによりリビオの足が止まりTSがダブルヒットしないことを防ぐ為>

装備

この型の装備はMATKとSP回復力を考慮したINT120を基準として揃えることが多い。
これをソロで達成するためにはほとんど装備の自由度はないなかったが、最近は効果の高い装備や料理が増えたため、ある程度自由度は増した。

JOB50の時点で、素INT99 + JOB補正9 = 108(ドラゴノロジー込みだと111)。
INT120に足りない分(12or9)は、料理や下記装備などで補うといい。

  • 頭装備
    • エルダーウィロー刺したれリーフ INT3
    • エルダーウィロー刺しその他頭装備orとんがり帽子 INT2
      • 財力があるならアイシラcにしたり、他のINT付きスロット装備も可
    • 黒縁メガネ(中段) INT1
    • 子デザートウルフ刺しマジックコート INT2
    • 子デザートウルフ刺しその他鎧orマジックコート INT1
    • エリオット刺し肩 INT2
  • 武器
    • 下記を参照 INT0〜6
      (ネクロ刺しアクワンorスタッフでINT5、両手杖でINT6)
    • メモライズブック INT1
    • 魔力の書 第1巻 INT2
  • アクセサリー
    • イヤリング INT2
      (sイヤリングはINT1)

ただし、鎧や肩のカードは生命線になることが多いため、ここにINTブーストカードを使うことはあまりない。
INTボーナスは限界まで上げればいいかと言えばそうでもなく、
如何にしてMATK変動が起こる5,7の倍数にするかがポイントとなる。
このラインに届かなかったり、オーバーした場合はMATK補助のある物を選ぶといいだろう。

なお、PTプレイならこれらの条件は緩和されるのでそれに合わせたステ用装備も作っておくとよい。
特にブレス・マニピを貰える状況ならSP切れと言うことは滅多になくなるだろう。
高精錬装備はあるに越したことはないが、ECで結構ダメージを減らせるので無理に揃える必要もない。
とは言え、マジ狩り装備は比較的お金がかからず揃うので余裕があるなら高精錬装備で固めるのも十分アリだろう。

銀の懐中時計を含めたセットは合計でINT8~10上がるため、そちらを使うのも良い。
メモライズブックを絡めるとMATK+7%のボーナスも得られるのが大きい。

武器

武器は基本的に杖が選ばれることが多い。
主な選択肢は

  • 骸骨の杖 … スロットなしだがINT+4と補正が大きいため
  • sアークワンド … s2 INT+3とバランスがよいが、今ではネクロcを使う場合のみの選択肢と言える
    (ネクロcを刺すならスタッフ[3]の方が良い。INT+5、MDEF無視6%になる。)
  • sサバイバルロッド … INT、DEXの2タイプあるがステ補正に合わせて選択するとよい
  • スタッフオブウィング … セットでの機動力増加がメイン。スロットもなく性能は悪い
  • リリースオブウィッシュ … 魔法攻撃時にHPSP回復効果のある非常に便利な杖

    しかし、本も強力な物が多くこのあたりも選択肢に入る
  • 魔法の定石 … s2 INT+3 MATK+20%、しかも軽くてセット効果もあると万能性能
  • 古代の魔法 … 魔法の定石の下位互換だが、セット効果のINTブースト(最大+10)を見越してなら
  • 大百科事典 … DEXの上がるsアークの上位互換だが、重いのが欠点

カードを差しステを補うなら、DEX型>ドロップス、AGI型>オットー(雌ゴキ)
INTが上がり、杖に使うと追加効果のあるネクロマンサーもよい。

FCASスイッチ型のINT-AGI型なら本や短剣を視野に入れてもいいがそちらはFCASを参照。
月光剣はあれば便利だが、似たような効果を持ち安価なリリースオブウィッシュが登場したため、特に必要ではない。
また、魔法の定石などといった新しい本の性能がよいため、そちらを使うのも手。
一応、両手杖という選択肢もあるがあまり一般的ではない。

ちなみにAGI型のFCASスイッチ型でない限り、過剰精錬どころか精錬の必要性もない。

防具

  • 頭装備
    一番一般的なのが無印とんがり帽子(INT+2 MSP+150)
    ただし、スロットがないため、カード効果が欲しい場合は他の物にするとよい。
    INTブーストがあるスロット装備はたれリーフ、ヴァルキリーフェザーバンド、sクラウン(ティアラ)などが代表的だがどれも高価なのが欠点。
    他にはマジックアイズやバルーンハットなどで詠唱短縮を狙うのも良い。
    カードは現状だと、アイシラcが一番良い場合が多いが場所によっては沈黙耐性なども使うかもしれない。
    INT中段装備の黒縁メガネも揃えておきたいところ。
    黒縁メガネでINT繰り上がりが起きないなら女神の仮面やペコペコの羽耳でもいい。
    下段装備の忍の巻物はMATK+1%と微々たる効果があるので余裕があるならつけるとよい。

  • 主に使われるのはロングコートやシルクローブなど。
    財力があるならフォーマルスーツやsマジックコートなどがよい。
    (が、複数用意するとなると当然お金もかかる)
    カードは即死を回避するためのHP増強(プパ等)や狩り場に合わせた属性鎧を使用する。
    INTが足りないならば子デザやドルも視野に入れよう。
    被弾しない自信があるならアガヴcで火力増強するのも手。
    スタンしたときにアンソニ鎧を着けると生存率がアップする(が、MPKになりやすいので注意)

  • 基本的にはsガード、財力に余裕があるならsメモライズブックや魔力の書を使うとINTブーストも狙える。
    特に魔力の書は被弾時に相手をスタンさせる効果があるため、敵に絡まれづらくなる。
    (魔力の書の説明文では転生職用となっているが未転生職でも使用可能)
    カードは三減盾を使い、狩り場にあったものがなければリジットなどで誤魔化す。
    ホドレムリンcを使えば全ての攻撃を15%カット出来るので汎用性が高い物が欲しければこれを選ぶといい。
    INTの上がる盾cもあるにはあるが盾は防御効果を優先する場所なので一般的ではない。
  • 肩にかける物
    マフラーにレイドcかウィスパcを差したモノをお勧めする。
    選択の余地があまりないので被弾前提かそこそこでも回避を考えるかのどちらかだろう。
    他にはセット効果を見越したウィングオブイーグル、sランニングシャツなどもよい。
    盾と同じくINTブースト出来るカードはあるがやはり大きく防御能力に影響する場所のため、使われることはない。

  • 基本的にエギラ靴がベスト。ただし事故死の多い二極型ならヴィダルのブーツ(もしくはベリット)の方が安定する。
    ベリットやソヒー等、MSP増加系はエナジーコートで減るSP量が増えてしまうためデメリットもあるので注意。
    他には難易度が高くなるが経験値ブースト用の靴を履くのも有効な手である。
    PTプレイ時や月光剣でSP供給に余裕があるようならば、HP増強cを刺して即死しにくくするのもありだろう。
  • アクセサリー
    基本的にヒールクリップ、フェン(パピヨン)クリップ、テレポクリップ、イヤリングなど。
    ソロでINT120に届かなかったり、PTメインで常にブレスを貰っているようならThe Signを着けるのもあり。
    なお、INTが高くなるほどThe Signの効果は高まるのでPT時にはイヤリングよりも有用な場合が多い。
    モロクパッチにて、銀の懐中時計セットやインプc・シロマc等の火力ブーストが出来るセットが増えたのでそれらを選択するのもありだろう。

スキル取得例

ブラゴレ特化

http://uniuni.dfz.jp/skill4/sag.html?10cKcK1dncoab2f5Jy

  • マジスキルでは、火属性魔法とSPR。セージスキルでは、DNとCC、FCを取得した型。
  • 狩場を選ぶが、これらのスキルがあれば転生することはできる。

テクニック,考察

  • 基本的なマジ狩りの方法は外部サイト「マジスレテンプレ」を参照の事。

TSダブルヒット

  • FAQの項目を参照の事。

月光剣、SPR取得に伴う効率の変化

  • 上に記述した通り、この型はINT120が必須であるのは攻撃力の他に、SP回復力を上げる必要性がある、というものがある。
    しかしINT120↑をもってしても主要狩場ソロでは実はSPが全く足りない
    自然回復を待って狩りをするのも良いが、効率が伸び悩む。SP回復剤は重量的に多く持てない為使えない。
    そこで月光剣とスキル、SP回復力向上である。
    これらのいずれか、あるいは両方所持、高レベルである場合ない場合と比べると効率差が顕著に現れる。(2~3割増加)
    月光剣はサーバーによるが大抵高価。お金がない人にとってはつらい。
    しかしスキルはお金も掛からない。ぷちマジ型は必須スキルをとっても余裕があるので狩り型ならば是非SPR10は視野に入れてほしい。
  • モロクパッチで新しく実装されたリリースオブウィッシュ(杖)を使えば、SPR0でもSPがなくならないことがほとんど(要INT120?)。
    ただしEC併用だとそれなりにSPはきつくなる。
t:2 y:1 total:185076
トップ  差分 バックアップ リロード  一覧 単語検索 最終更新  ヘルプ  最終更新のRSS