Last-modified: 2009-06-09 Tue 23:50:56 JST (2846d)

SageWiki

スキルカード

  • スキルカードのオートスペル(AS)の注意点
    • 同じ物を複数刺しても発動率が上昇ない
    • ASは現在の仕様では基本的にスキルでは発動しない(プロボック等、一部例外あり)
    • ソウルリンカースキル「セージの魂」は効果がない
    • 攻撃がMISSの場合には発動しない
    • SP消費はない

以下の説明書きは正規仕様での使用感を前提として書かれています。
発動率は正確なものではなく、体感や実測から割り出したものなのであくまで参考程度に。

武器

カードインジャスティスカード
装備箇所武器
効果オートスペルソニックブローLv1(物理攻撃時,発動率15%)
ジルタスカード装備時、ATK+20、LUK+3
威力攻撃力350%
備考オートスペルでソニックブローが出るようになるカード。発動率も期待を裏切らないレベル。
ただし、SBのモーション中にFC詠唱が完了するとその魔法のダメージがなくなる(魔法不発)という罠がある。
また、タゲロックが外れるので少し面倒。
SBモーション中には通常攻撃ができない。
現時点では実用性はあまりないネタカードと言える。
ただし、杖や本の高速連打という見た目はなんだかすごい。


カードサイドワインダーカード
装備箇所武器
効果ダブルアタックLv1(発動率5%)
威力HIT+1
備考パッシブスキルなのであまりそう認識されないが歴としたスキルカード。
しかし、ダブルアタック1なので発動率も低く、効果も薄目。
また、セージのメイン武器である本はスロットが少なく、攻撃力も低めなので他職ほどの効果は期待できない。
どちらかと言えばダブルアタックを楽しむための趣味用と言ってもいいだろう。
はっきり言ってしまえば必要なし。


カードストームナイトカード
装備箇所武器
効果オートスペルストームガストLv1(物理攻撃時,発動率2%)
物理攻撃時凍結確率20%
威力攻撃力140%
備考凄いようでいて、実は微妙なカード。
単体相手ならいきなり相手がノックバックしてしまうし、緊急回避としてはその発動率の低さから当てに出来ない。
というかASとSG(ノックバック)は相性が悪い。
また、範囲が広いため余計なタゲを取ったり、横殴りになってしまう可能性もある。
壁に押しつけて殴るという使い方がベストだろう。
しかし、高すぎる凍結効果が足を引っ張ることもあるのが泣ける。


カードチェペットカード
装備箇所武器
効果オートスペルヒールLv5(敵に)(物理攻撃時,発動率5%)
威力((Lv + INT) / 8の端数切捨て ) * 44
備考対不死属性専用で他の種族相手には罠カード。
要するにオートスペルヒール砲だが、カタコンくらいでしか安心して使えない。
そしてカタコンの敵は殴ることの方が稀。
FWで他の敵を焼き切って最後に残った$を叩くときくらいか。
つまり、いらないカード。


カードハティーベベカード
装備箇所武器
効果オートスペルフロストダイバーLv3(物理攻撃時,発動率5%)
威力攻撃力130%
備考自前では出来ないFD3のオートスペルカード。
しかし、発動率は自前より格段に低い。
ハティーカードを同時に装備すると発動率は上がるが、そもそもASFD自体使わないのでとても微妙。
セージ魂の登場により息の根は断たれたと言っていいだろう。


カードブラッディナイトカード
装備箇所武器
効果オートスペルメテオストームLv1(物理攻撃時,発動率2%)
威力攻撃力100%
備考これまた凄いようでいて微妙なカード。
Wiz経験者ならわかるが隕石2個でそれぞれ1HITと低レベルMSは非常に使い勝手が悪い。
これならまだASにFBlをセットした方がマシ。
一応、スタン率があるが3%と期待できるレベルではない。


カードミュータントドラゴンカード
装備箇所武器
効果オートスペルファイアボールLv3(物理攻撃時,発動率2%) ATK+15
威力攻撃力100%
備考自前では出来ないFBl3のオートスペルカード。
セージ魂の実装により、売りがなくなってしまった。
説明にはFBl10取得時Lv10発動と書いてあるがこちらは未実装
雑魚の範囲殲滅にちょっと役に立つかもしれないけれど、余計なタゲを取ってしまいやすいのは相変わらず。
ASFBlを楽しむなら自前で十分なので不用なカード。
とは言え、セージ系が一番有効活用出来きるのも事実だったりする。
極低確率ながらスキルに乗るのでその辺を期待…するのはTOM。
ATK+15は結構嬉しい。


カードタートルジェネラルカード
装備箇所武器
効果オートスペルマグナムブレイクLv10(物理攻撃時,発動率2%) ATK+20%
威力攻撃力100%(130%)
備考乱戦時、意外と威力を発揮するカード。
デフォでMB10というのが嬉しい。
ATK+20%も特化c一枚分と考えればなかなかのもの。
だが、やはりMBの性能上相手がノックバックしたり、ディレイが大きかったりと弊害も多い。
使い手を選ぶマニアックなカード。


カードロードオブデスカード
装備箇所武器
効果物理攻撃時、オートスペルで各種状態異常(コーマ,スタン・呪い・沈黙・毒・出血状態付与)
備考あらゆる状態異常が発生する。
コーマ(強制的にHP1)の発生は未実装ではないかと思うほど発生しない。
狩りでコーマに期待するのはまず無理なので普通に強化状態異常武器で使うのならかなり優秀。
どっちかというと狩りより対人(Gv)向けなカード。


カードメタリンカード
装備箇所武器
効果オートスペルストリップウェポンLv1(発動率?%)
威力武器解除
モンスターの場合、ATK25%減少
備考ストリップウェポンが出来るASカード。
当たれば発動するものの、その後DEX差による成功判定があるため成功率は低め。
故に武器を外すには粘着する必要があるので意外と使いづらい。


カードアノリアンカード
装備箇所
効果オートスペル集中力向上Lv1(物理被弾時,発動率2%)
増加量AGI,DEX+3%
備考物理ダメージを受けたときに集中力向上Lv1を発動する。
Lv10を修得していれば10が発動するがセージには無関係なので割愛。
ちょっとだけステータスが上がるがわざわざダメージまで受けてあげる必要もないだろう。


カードアンソニカード
装備箇所
効果オートスペルテレポートLv1(物理被弾時,発動率80%)
備考物理ダメージを受けたときにテレポートLv1を発動する。
テレポ1と言っても確認窓は出ずに、ハエと同じように即座に飛ぶ。
発動率がかなり高くスタンした時などに緊急回避として有効。
ただし、ダメージを受けてから判定するのでダメージ自体はキャンセルされない。
ミノやウサギ、変態にスタンされたときに持ち替えれると生存率アップに繋がる…かもしれない。


カードクロックカード
装備箇所
効果オートスペルオートガードLv3(物理被弾時,発動率3%)
備考物理ダメージを受けたときにオートガードLv3を発動する。
発動後はAG3の割合でオートガードが発生(14%)
一見、有用に見えるがAGの硬直中はあらゆる攻撃・スキルがキャンセルされるという仕様上、詠唱していたボルト等のダメージがなくなったりする。
なお、オートスペル発動で自動防御効果が勝手にON/OFFされるが、鎧を付け替えることで勝手に消えてしまうことはなくなる。


カードジオグラファーカード
装備箇所
効果オートスペルブレスLv2(物理被弾時,発動率3%)
増加量STR,INT,DEX+2
備考物理ダメージを受けたときにブレスLv2を発動する。
どうしてもステを+2したい…という状況がないかぎり不要。
ブレスを持つ本職以外では使いこなせないカードの一つ。
ただし、アコセットの効果自体はなかなか目を見張る物がある。


カードロリルリカード
装備箇所
効果オートスペルヒールLv3(物理被弾時,発動率5%)
威力((Lv + INT) / 8の端数切捨て ) * 28
備考物理ダメージを受けたときに自らにヒールLv3がかかる。
回復量はなかなか大きいが被弾時限定なのがネック。
AGIではつけていても効果を実感できず、DEXでは被ダメが上回りジリ貧と使いどころが難しいがVITならぎりぎり実用レベル。
しかし、スキルディレイが存在するためあまりに被弾する場所だとかえって首を絞める。
マジセットの一部なので使用する際は要注意。


カードエリザカード
装備箇所
効果被弾時オートスペル誘惑のウィンクLv1(物理被弾時,発動率?%)
備考珍しくクエストスキルが発動するカード。
人間、天使、悪魔だけに効果があり、成功すると攻撃せずに後ろをついてくるようになる。
ぷちペット体感スキルだが、攻撃されると解除されたりと使い所が少ない。
対人戦では性別関係なく混乱状態になる。


カードマーガレッタ=ソリン(MVP)カード
装備箇所
効果被弾時オートスペルアスムプティオLv1(物理及び魔法被弾時,発動率?%)
威力全ダメージ半減
備考まさにボスCと言わんばかりの強力なカード。
他の被弾系と異なり、物理攻撃だろうが魔法攻撃だろうが構わず発動する。
しかし、装備箇所が鎧というのが意外とネックで持ち替え推奨。


カードデータルザウルスカード
装備箇所
効果魔法被弾時オートスペルランドプロテクターLv1(発動率5%) 絶対に凍結しない
備考まさに防衛ライン突入にうってつけのカード。
凍結耐性もあるので単純にアンフロの上位互換としても使える。
また、ASの性質上、沈黙状態でも使えるのが強み。
しかし、セージ系で使うよりもV型前衛職で使った方が有用なのも事実。
個人戦用ではなく、戦略レベルのカードなので運用についてはよく話し合おう。


カードグランペコカード
装備箇所
効果オートスペルグロリアLv1(物理被弾時,発動率5%)
増加量LUK+30
備考物理ダメージを受けたときにグロリアLv1を発動する。
Criアップと言うよりも完全回避が上がるのがちょっと嬉しいが持続時間が短すぎ。


カードマーガレッタ=ソリンカード
装備箇所
効果被弾時攻撃対象にオートスペルレックスディビーナLv5(発動率15%) INT+1
威力状態異常 沈黙50秒
備考自動で相手のスキル攻撃を封じ込めるカード。
しかし、LDの仕様上、2回目の発動で沈黙が解除されてしまうのが難点。
そこそこ高い発動率も相まって、癖が強い。
LD自体のディレイも大きいので運用には慣れが必要。


カードセイレン=ウィンザー(MVP)カード
装備箇所
効果バーサークLv1使用可能
威力騎士スレテンプレ参照
備考神速攻撃スキル・バーサークを使えるカード。
欠点は多いがASPD190のFCASを体感したいなら。
ただし、何らかの手段でSP回復をしなければならないので基本的にロマン。
はっきり言って実用性はほとんどない。


肩に掛けるもの

カード彷徨う者カード
装備箇所肩に掛けるもの
効果オートスペルインティミデイトLv1(物理被弾時,発動率2%)
備考オートスペルで拉致攻撃。
本職ですら持て余すこのスキル、MHの中で1匹だけ連れて逃げる場合くらいしか使い道がないのに
任意発動出来ないというまさしく片手落ちなカード。


カードパンクカード
装備箇所肩に掛けるもの
効果オートスペルクァグマイアLv1(物理被弾時,発動率5%)
威力AGI,DEX-10%
備考物理ダメージを受けたときにクァグマイアLv1を発動する。
…夢から覚めなさ〜い。
対人では意外と有用なカードなのだが、教授の場合は発動前に落とされることが多い。
やっぱり夢から(ry


カードフリルドラカード
装備箇所肩に掛けるもの
効果クローキングLv1使用可能
備考隠れた状態のまま壁沿いを歩ける隠密行動の定番カード。
クエストで難所を突破する際にも使用可能で実用性は高い。
また、ハイドよりもSP効率が高く持続時間も長いのでちょっと離席する場合にも有効。


カードエレメス=ガイル(MVP)カード
装備箇所肩に掛けるもの
効果クローキングLv3使用可能
備考フリルドラの上位互換。
こちらは壁際のみという制限が取り払われ、どこでも移動可能。
実用性はかなり高いがハイド状態と違い範囲攻撃を普通に喰らったりする等の仕様はしっかり把握しておこう。


カードアモンラーカード
装備箇所
効果全てのステータス+1 オートスペルキリエエレイソンLv10(物理被弾時,発動率2%?)
備考物理ダメージを受けたときに自らにキリエエレイソンLv10を発動する。
1ではなく10。INT99だとさらに発動率アップ(発動率10%)。
多分凄い、きっと凄い。
と言うか、ステALL+1と言う効果だけでも破格すぎ。


カードアラームカード
装備箇所
効果オートスペルサイト(物理被弾時,発動率3%) MHP+300 VIT+1
備考物理ダメージを受けたときにサイトを発動する。
おまけでMHP+300も付くが、MHPが3000を超えるレベルならマーターCの方がMHP増加量は多い。
要するに微妙。
貧乏マジ時代にゲットしたらサンダルにさして使うくらいだが、
HP増加目的で装備した場合も意図せずサイトが発動して首を絞めることがある。


カードダークロードカード
装備箇所
効果オートスペルメテオストームLv5(物理被弾時,発動率5%)
威力攻撃力100%
備考物理ダメージを受けたときにメテオストームLv5を発動する。
発動地点は自分中心なので囲まれているときに威力を発揮。
隕石4つが各3HIT、さらにスタン率15%とブラッディナイトと比べるとかなり強力だが、被ダメ時限定というのが痛い。
INT-VIT型で耐えながら発動を待つ…くらいしか使い道がなさげ。
使うなら桃木盾、ロリルリ鎧と併用するのがベスト。
ちなみに上記の装備でOD2にプリを放置しておいたら死んでいたという報告もあるので自動レベル上げはTOMとのこと。


カードエンシェントマミーカード
装備箇所
効果オートスペルシグナムクルシスLv5(物理被弾時,発動率5%)
マミーカードと併用時、20%の確率で必中攻撃
威力不死系・悪魔系のDEF-30%
備考物理ダメージを受けたときにシグナムクルシスLv5を発動する。
周りに有効な敵が多いほど有用だが、そういう状況がまずいのは当然のこと。
さらにディレイがでかいのでデメリットも大きい。
一度決まってしまえば無用になるので別の盾にするのがいいが、そこまでするとはちょっと考えられない。
そもそも、DEFが下がっても魔法の威力は変わらないので純殴りやサマル以外にはシグナムは不要。
どっちかと言えば、見た目で楽しむネタ向けカード。
セット効果は元々マミーcを必要としていない職なので考えるまでもない。


カード人面桃樹カード
装備箇所
効果オートスペルヒールLv1(物理攻撃時,発動率3%)
威力((Lv + INT) / 8の端数切捨て ) * 12
備考オートスペルで自らにヒールLv1がかかる。
被ダメの小さいところでは汎用的に使えるが、セージではヒール1しか使えないので微妙。
発動率はそこそこ高くなったがやはり頼り切るほどではなく、ディレイの存在も無視できないので安定性に欠ける。
監獄やカタコンなどでヒルクリを使う時間も惜しいという人はどうぞ。
スキルにほとんど乗らなくなるパッチ以降、もはや過去の遺物となった。


カードハイオークカード
装備箇所
効果リフレクトシールド
威力被ダメージの5%
備考正確にはスキルカードではないが、リフレクトシールドが永続しているのと同じ効果(反射率はRS1よりも低い)
当然、反射ダメージで月光剣の吸収やASカードの発動を誘発することが出来る。
ただし、セージ本来のASは反射では発動することが出来ない。また、ASカードの発動率も通常攻撃時の半分。
被弾前提ということもあって、普通のセージではやや使いづらいがVIT型なら多少は使えるかもしれない。


アクセサリー

カードヴィオリーカード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペル寒いジョークLv1(物理攻撃時,発動率2%)
威力凍結率20%
備考オートスペルで寒いジョークLv1が発動する。
シチュエーションとしては最高だが、ジョークのディレイがかなり大きいのが欠点。
ネタとしてはとてもいい感じ。
ただし、PTプレイではひんしゅく物なので取り回しには注意。
狩り場で使うだけで他の人の嫌がらせになってしまうのでションボリすることも多い。


カードウィンドゴーストカード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルユピテルサンダーLv3(物理攻撃時,発動率2%)
威力攻撃力100%
備考オートスペルでJTLv3が発動する。
一見、有効に見えるがASとJT(ノックバック効果)の相性が悪く、また発動率も低いのでとてもじゃないが戦力としては使えない。
壁に押しつけたとき限定で存分に使えるが正直自前のASにLBを仕込んだ方がマシ。


カードオウルデュークカード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルイムポシティマヌスLv3(物理攻撃時,発動率0.3%)[セット効果 オートスペルライトニングボルトLv5(物理攻撃時,発動率2%)]
威力攻撃力+15
備考オートスペルでイムポLv3が発動する。
発動してくれると少し増強になるが真の狙いはオウルバロンcとのセット効果、ASLB5(発動率2%)。
このLBは自前のものより発動率が低いので狙って使うのは難しいが、発動すれば必ずLB5なので狙う価値はなくもない。
とは言え、元々ASLBのあるセージにはあまり縁のないセット効果と言えるだろう。
発動率はLA>LB>イムポと言ったところ。


カードオウルバロンカード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルレックスエーテルナ(物理攻撃時,発動率3%)[セット効果 オートスペルライトニングボルトLv5(物理攻撃時,発動率2%)]
備考オートスペルでLAが発動する。
発動するタイミングはHIT>LAになるためLAの効果は次の攻撃と言うことになる。
そこそこの確率で発動するがディレイが長いので要注意。


カード大口蛙カード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルインベナムLv1(物理攻撃時,発動率2%)
追加ダメージ必中ダメージ+15
備考オートスペルでインベナムLv1が発動する。
面白みは薄いが必中攻撃なのでまったく使えないということもない。
でも、発動率まで考えると使えないかも。


カードカブキ忍者カード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルクローキングLv5(物理被弾時,発動率2%)
備考ダメージを受けると自動的にクローキングLv5が発動する。
見ての通り、罠スキルカードで周りに人がいた場合、迷惑にしかならない。
逃げるにしても素直にハエやテレポなので使いどころは皆無と言っていい。


カード天下大将軍カード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペル気功(物理攻撃時,発動率0.2%)
備考オートスペルで気功を発動する。
球がついている状態なら命中が確保されるので少し楽になるが、アコ系以外では発動率は低く5つ溜まるのは稀。
そもそも、セージには気弾をつけるメリット自体があまりない。
油のネタにするにしても溜まるまで待つ>油で発動待ち、はTOM過ぎ。


カードポイズンスポアカード
装備箇所アクセサリー
効果インベナムLv3
消費SP12
追加ダメージ必中ダメージ+45
備考インベナムLv3が使用可能になる(オートスペルではない)
必中攻撃が入るまえに毒属性修正が入り、必中ダメージの加算後にもう一度毒属性の修正が入る。
そのため、付与した属性とあわない敵に対して有効となる場合が多い。
D-V型の狩りや初期の育成、共闘入れなどに使用可能。


カードボンゴンカード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルバッシュLv1(物理攻撃時,発動率2%)
バッシュ使用時ノックバック効果追加
ムナックからのダメージ100%増加
威力攻撃力130%,命中率105%
備考オートスペルでバッシュLv1を発動する。
珍しく単純な打撃スキルと思いきや、バッシュのレベルが1と通常攻撃とほとんど変わりがない。
また、バッシュが発動すると相手をノックバックさせる効果があるのでクリックしっぱなしだと追いかけてしまって使いづらい。


カードマリンスフィアーカード
装備箇所アクセサリー
効果マグナムブレイクLv3
消費SP30
威力攻撃力160%,命中率130%
追加ダメージ火属性ダメージ(武器攻撃力の20%)を10秒間
備考マグナムブレイクLv3が使用可能になる(オートスペルではない)
どの職でも使える唯一の物理範囲スキル。
霧の中でも有効。
ディレイ長すぎ


カードビホルダーカード
装備箇所アクセサリー
効果キャストキャンセルLv1使用可能
備考基本的にほとんどの型で前提スキルとして習得済みであろうはずなので不要なカード。
未習得でもアクセ枠を一つ潰してまで必要なものではない。


カードヒュッケバイン=トリスカード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルストリップアーマーLv1(物理攻撃時,発動率?%)
備考使用感についてはメタリンCと同様。
セージ系は対人戦で進んで前に出て殴ることはないので不要なカード。
対MOBではもっと不要。


カードハイドラランサーカード
装備箇所アクセサリー
効果オートスペルスペルブレイカーLv1(物理攻撃時,発動率?%)
備考本職セージですら出来ないASスペルブレイカーのカード。
発動率も高く、粘着攻撃するにはうってつけ。
でも正直、自前ASに仕込めるようにして欲しいと思う


カードイレンド=エベシカード
装備箇所アクセサリー
効果被弾時オートスペルニューマ(物理攻撃時,発動率?%)
備考遠近関係なく物理攻撃を受けると発動する。
発動率はそれなりだが安定性に欠ける上、SWを阻害したりすることもあるので使い勝手は悪い。
コンロン1Fのように遠距離MOB主体の場所だと効果的に使えるだろう。


トップ  差分 バックアップ リロード  一覧 単語検索 最終更新  ヘルプ  最終更新のRSS