Last-modified: 2012-08-14 Tue 19:40:47 JST (1775d)

ソーサラーの型分けについて

はじめに

このページは精霊スキルが未実装である2011年7月現在における
ソーサラーの型分けについてまとめたページです。

現在の仕様上、どの型も最終的にStrとLuk以外をバランス振りにする事が多いが、
ステータスタイプで大雑把に分けると
Int=Agi がスペルフィスト型
Int=Dex が大魔法型
Vit=Dex>Int や Vit=Int>Dex が支援型

型によって主たるスキルも変わり、SF型はSFとFCとボルト系スキル、
大魔法型はPWと属性大魔法、支援型はバフ・デバフ系スキルをメインに振っていく。

ひとつの型ではステータス、スキルポイント的に余裕がある為、
複数の型の特徴を持たせる育成型が多く、全ソーサラーをこの型だけで分けるのは難しい。

あえて表現するなら支援寄り大魔法型(棚パーティーでの初期育成から、棚卒業後は大魔法ソロをこなせるようにするタイプ)とか、
ハイブリッド型(初期育成をSF型で育て、徐々に大魔法型にシフトしていくタイプ)などの言い回しになる。

これらは型と言うより育成計画によるものの意味合いが大きい。

ひとつの型について突き詰めて育成するよりも、多くの皿はInt90〜120、Agi80〜100、Vit80〜100、Dex60〜120の範囲でステータスを構築していき、
最終的には皿として大抵のことをこなせる中で、「どの型の傾向が強いか」程度の差にしかならない事が多い。

特殊型として、クリティカル又は通常物理攻撃に特化した殴り型や、
ATKとMATKを追求したVS特化型、オーラ後はGvGに特化した対人支援型(避け支援)も、少数ながら存在する。

スペルフィスト型

スペルフィストをメインに戦う型
必中スキルのため回避さえ満たしていれば、ほとんどの敵を倒すことができる。

スペルフィストはリフレクトシールドによってダメージが反射されてしまうため
リフレクトシールド持ちの敵は苦手。
さらに属性の相性的な問題で聖属性Mobにもダメージが出にくい。

基本的にソロ育成に秀でている反面、Dexがあったほうが有利に使える支援スキル等は
序盤Dexを抑える傾向にあるSF型としては若干使い辛い印象がある。
その場合は環境に応じて詠唱Up系の装備で補うと良い。

ソロ性能がやたら高いタイプのため、「PTを組むよりソロのほうが効率が良い」という状況に陥りやすく
気がつくとPT狩りをしなくなったという事もちらほらあったりする。
結局は個人のプレイ環境次第ではあるのだが。

Lv100における目安となる純粋ステータス

  • Agi 90〜100
  • Int 90〜100

    基本的には上記のステータスがあればスペルフィスト狩りが成立する事が多い
    余ったステータスポイントは育成による分岐例を参考に

育成による分岐例

  • 威力・ASPD特化
    Int、Agiを更に伸ばしSFの威力、ASDP193を目指すタイプ
  • ハイブリッド(避け大魔法型)
    Dexを上げて、大魔法もある程度使いこなせるタイプ
  • 支援寄り
    Vitを上けて、生命力変換の変換効率を上げて支援もこなせるタイプ

大魔法型

Lv100〜120台ではINTをカンストさせないと火力を発揮できない場合が多く
そのぶん手持ちの装備とステのバランスをどう取るかにより狩り効率に大きな差がでてくる。
また基本的にマジ狩りの延長となる為、狩場が限られソロ育成にはかなり忍耐力が伴う大器晩成型。
(2PCでカアヒが有る場合は上記の限りではない。)

SF型とは逆にDexに多くポイントを割けるので、ソウルチェンジやバキュームといった
PT支援スキルを早い詠唱で使えるので臨時やPTプレイではストレス無く立ち回ることができる。
PT狩りで育成できる環境があるのならば育成もそう厳しいモのでは無い。

Lv100における目安となる純粋ステータス

  • Int 90〜100
  • Dex 60〜80

    防御ステが皆無なため、SF型と比べて事故による死に安さに目をつむれば、狩り自体は成立する
    余ったステータスポイントは育成による分岐例を参考に

育成による分岐例

  • 威力・詠唱特化
    Int、Dexを更に伸ばし、大魔法の威力、詠唱時間の短縮を目指すタイプ
    とはいえDexを100以上振っても大魔法の詠唱短縮にはあまりならないので
    そこからはVitかAgiのどちらかにステを割いて行くのがセオリー。
  • 避け大魔法
    Agiを上げて、避け大魔法を目指すタイプ
    しかしDexの低い大魔法型はソロ育成にはかなり忍耐力が伴う、避け大魔法型を目指すのならば
    スペルフィスト型からのハイブリッド(避け大魔法型)を目指したほうが完成への近道になる場合が多い。
  • Vit支援寄り
    Vitを上けて、ソロでの耐久力、生命力変換の変換効率を上昇目指すタイプ
    ジョブレベルが未熟(25前後)な段階で全ての大魔法を取得しようとすると
    スキルポイントが厳しくなってしまうため、ある程度の大魔法スキルを後回しにする必要がある。
    詳しくは支援型を参考に

支援型

支援スキル十分に生かせるステータスが大魔法型ステータスと類似しているため
最低限ソロ狩りをこなせる大魔法スキルを取得し、支援スキルを充実させたタイプ
もしくはソロ狩りを捨ててパーティー狩のみに特化したタイプがある。

Lv100における目安となる純粋ステータス

  • 大魔法寄り支援
    • Vit 20〜40
    • Int 80〜100
    • Dex 60〜80
  • 支援特化
    • Vit 70〜90
    • Int 70〜90
    • Dex 30〜50

対人(攻城)型

Lv100における対人型と呼べる型は存在しないと言っていい
攻城戦における戦力、満足に動けるステータスを完成させるにはLv100では非現実的な為である

強いて上げるならば攻城戦を予定している支援型が近い。

特殊型

主流ではないと言え、自分なりの楽しみ方を見つけたタイプ
多様なタイプが存在し、それぞれ特色が非常に強い。

楽しいかどうか以外に必要なものなど何もないのだ。

攻撃特化

  • 物理殴り特化(クリティカル)
    特化武器もしくはカウンターダガーに属性付与をして敵を殴り倒す型
    詳しくは殴り型
  • 魂AS特化
    魂AS状態のASDP193でとにかく敵をたたきボルトの雨を降らす型
    スペルフィスト型の威力・ASPD特化ならば、スキルポイントさえ許せば同一ステータスで実現可能
    頭装備のスーパーセルがあるとさらに幸せになれる。
  • VS特化
    Str=Int>Dex
    ヴェラチュールスピアーによる最大ダメージを追求した結果辿り着いた型
    物理威力のためのStrとDex、魔法ダメージのためIntを必要とする

支援特化

  • 壁特化
    Agi=Vit>Luk
    完全回避装備で身を固め
    各種壁スキル、スパイダーウェブやバキュームエクストリームを駆使して
    パーティー狩りにおいてモンスターを抱える事に特化した型
    影葱のマスカレード、ジェネのマンドラゴラ、各種状態異常に耐性を特化しているので、自力での狩りができない。
    お座りでがんばりましょう。
トップ  差分 バックアップ リロード  一覧 単語検索 最終更新  ヘルプ  最終更新のRSS