Last-modified: 2014-12-31 Wed 15:18:47 JST (1027d)

プロフェッサースキル

生命力変換(Health Conversion)

HP10%を、スキルLVに応じた割合でSPに変換する。
自然回復を気にせずに89%積載で戦えるようになる為、教授必須スキルのひとつとなっている。
高レベルであるほど便利だが、自分のスキルポイントと相談するのが良いだろう。
3〜5あると便利。

レベル12345
HP減少10%
変換SP量10%20%30%40%50%
使用後ディレイ1.0秒1.2秒1.4秒1.6秒1.8秒
消費SP12345
  • SPの変換量はMHPに対する割合で決まる。
    例:MHP7,000の教授がLv3を使用した場合、HPが700減少してその30%分のSP(=210)が増える。
    Lv1でMHPの1%分SP回復〜Lv5でMHPの5%分SP回復と覚えると楽。
  • INT型とは相性が悪いが、十分に有用スキル。
  • どんな育成型でも最終的には5推奨、D-V型なら一旦3程度で止めて他スキルを優先するという選択もある。
  • SPが全快の時は使用出来ない。また、現HPが1割以下の場合にはスキル使用失敗になる。
  • 実際にはSPを消費しないが、現SPが消費SP未満だと使用できない。
  • 固定ディレイが大きめなのでブラギ無しでは高速回復は難しい。
  • HPを消費してSPを回復する、まるで逆ヒールのようなスキルとも言える。
    固定ディレイの長さは、アコライトのヒールのディレイが1.0秒なことから推測ください。

ソウルチェンジ(Soul Change)

自分のSPを味方・対象キャラと交換するスキル。
R化してからは自分の現在SPの50%を譲渡相手のSPの50%を得る
(EX.自分のSPが2000で相手のSPが100の場合対象のSPが1000、自分のSPが50となる)
生命力変換と合わせて使うことで、味方のSPを無限に補充できる。
詠唱後のディレイがかなり長い。
(ディレイ5秒は、ちょうど頭上に出た「ソウルチェンジ」の文字が消えるまでと覚えると便利)

  • 消費SP5 詠唱時間3秒 使用後ディレイ5秒
  • 一般の狩り中はパーティーメンバーにSHIFT+クリックで使用可能(パーティ窓を使うとSHIFT不要で便利)
  • PvPとGvG(シーズモード)では誰にでも可能
  • ディレイの長さ故に素早いSP補給にはブラギ必須
    例え無詠唱になってもブラギなしでは際立った差は出ない
  • モンスターに使用した場合はSPが0になる。
    同じモンスターにもう一度使用すると交換前のSPが返ってくる。
    現在、モンスターに使った場合、変換したSPが返ってこなくなっているので誤射に注意。
  • 黄金蟲Cを装備している相手には詠唱のみで発動しない
  • バーサク状態の相手には成功しない。
  • 味方であっても阿修羅直後などSP0の相手と交換すると、生命力変換もできなくなるので注意が必要。
    (緊急用のSP剤を持つ。重量を50%以下にキープする。相手と事前に打ち合わせするなど)

ソウルバーン(Soul Burn)

レベル毎に一定の確率で敵のSPを0にする。
Lv5成功時には相手に減少SP*2のHPダメージを与える。失敗時には自分のSPが0になり、SP分のHPダメージ。
ソウルバーン専用の使用後ディレイが15秒ついている(他のスキルは使用可)。
ソウルチェンジを覚えていれば、失敗後に小SP回復剤を叩き、敵とSPを交換することで、結果相手のSPを0近くまで減らす事も出来る。

レベル12345
成功率40%50%60%70%70%(80%?)
精神ダメージ0000減少SP×2倍
使用後ディレイ10秒15秒
消費SP8090100110120
  • 黄金蟲Cを装備している相手には発動しない
  • ソウルバーンによるダメージで凍結、石化を解除することはできる
  • 失敗時は、その効果がそのまま自分にくる
  • 使用後ディレイはソウルバーンに限ってだけ適用
    (失敗してもソウルバーン→SP剤使用→ソウルチェンジで相手のSPを限りなく0に近くする事が可能)
  • ソウルバーンLv5使用時に与えるダメージの仕様は以下
    • ソウルバーン5ダメージ=飛ばしたSP*2*((100-装備Mdef)/100)-減算MDef
      ※減算Mdef=Vit/2+Int
    • タラフロッグなどの対人装備、シーズ補正での軽減は不可能
    • 乗算MDEF,減算MDEFで軽減可能
    • 与えるダメージはスキル系を無視する(LA、キリエ、アスム、献身)

マインドブレーカー(Mind Breaker)

30秒間、対象MDEFを60%減少させ、MATKを100%増加させる。
前者の効果は対した変化はみられないが、
後者の効果はGvG、PvP共に効果は絶大。
スキルLV5で80%の確率で成功する。

レベル12345
MDEF減少量12%24%36%48%60%
MATK増加量20%40%60%80%100%
成功率60%65%70%75%80%
使用後ディレイ0.8秒0.9秒1.0秒1.1秒1.2秒
消費SP1215182124
  • 魔法版プロボック。
    • 成功すれば詠唱中断、タゲ取り、共闘経験値、氷割りが可能
  • 減少するMDEFは減算MDEFのみ。
    防御力の大半を占める除算MDEFにはまったく影響しないため、ほとんど意味がない。
    (RRから?)除算MDEFが減少し、減算MDEFは減少しない仕様になった。
  • 実質的にはシーズモードやADで魔法系キャラにかけてMATKを上げるために使うもの。
    Lv5を使えばMATKが2倍になるため、高INTキャラの魔法威力が異常に跳ね上がる。
    ただし、PT内のキャラには使えないので一端PTを抜けないとならないのが欠点。
  • 除算MDEFが減少するようになり通常狩りにおける使用場面も広がったが、
    高MDEFのMobは中〜高威力の魔法スキル持ちである場合が多く、使いどころが難しい。
  • 成功時と失敗時のエフェクトが同じため、成否の判断が難しい。
    • 詠唱中断された場合は、サイトなどの魔法で硬直を解除すると良い。
  • 一度成功すると効果が切れるまで再使用はできない。
  • BOSS属性と不死属性には効かない
  • MBr状態はディスペルで解除が可能

メモライズ(Memorize)

効果は、自分の以後使用する5回分のスキルを、詠唱1/2にしてくれる。
戦闘中では5秒間の詠唱してる暇はないので、戦闘前の事前スキルといえる。
GvGだとWP突入前にLPの詠唱時間を減らすために使うのが良い。
QM内の詠唱時に、使用の有無がわかりやすい。
詠唱のないスキルを使用したとしても、使用回数にカウントされるのが欠点。
限りなく無詠唱に近い速度まで持っていけるのが強み。
対人セージとの差別化の意味でも存在価値の大きいスキルである。
FCAS型でも固定詠唱5秒というのが大きなネック、徒歩索敵なら事前準備としてある程度使える。
前提の関係上、スキルポイントの圧迫は軽く、取って損は無い・・・かもしれない。
狩りに関しては前を兼任するサクラ持ちのABと組んだ時には非常に使い勝手が良い。詠唱時間が許容範囲内に収まり、且つ先行して歩いている間に使う事でストレスにならず、ABがまとめた際には即座にサイキックやその他魔法を打つことが可能になる。

  • 消費SP1 DEX・サフラ・ブラギ・メモライズ自身に影響されない強制詠唱時間5秒
    • ただし、スローキャスト状態では詠唱時間が延びる
  • プレーヤーが死ぬと効果は消滅する
  • メモライズ効果中に再びメモライズを使用すると5回制限は上書きされる。
  • ヒール、テレポートなどのスキルにも適用されてしまうため使い勝手は良くない。
  • ディスペルでメモライズ状態は解除される。
  • 消費SP1とあるが実際のメモライズ使用による消費SPは0。
  • 詠唱時間固定型スキル(ダブルキャスティング等)の短縮は不可能。だが使用回数にもカウントされない。
  • メモライズの使用回数を消費しないスキル
    • メモライズ自身
    • ダブルキャスティング
    • オートスペルで発動した各種スキル
    • ダブルキャスティングで発動した追加ボルト
  • メモライズの使用回数を消費する注意すべきスキル
    • キャストキャンセル(詠唱していない時に使っても1回、ボルト→キャンセルなどとすると合計2回)
    • マジックロッド(吸収しなくても1回)
    • 生命力変換(SP全快で使用出来なくても1回)
  • アークビショップスキル「サクラメント」の影響を受け、最大2.5秒まで減少する。

スパイダーウェブ(Spider Web)

  • 取得条件:ドラゴノロジーLv4
  • 種別:アクティブ/遠距離
  • 略称:SpW、蜘蛛
  • レベル選択:不可

最大3体まで同時に蜘蛛の糸で縛っておける直置きアンクルみたいなもの。
詠唱は無く、火属性限定でLA効果もつく、非常に使い勝手の良いスキル。
スキル使用の際、蜘蛛の糸を1個消費する(媒介アイテムのコストは比較的高め)

  • 消費SP30 詠唱、ディレイなし 一度に3つまで設置可能
  • 持続時間8秒 効果時間は一般フィールド:8秒 対人フィールド:4秒
  • エフェクトは3*3だが範囲は1*1、見た目の通りの3*3ではない。
  • スパイダーウェブにかかった相手はFlee-50のペナルティを受ける
  • スパイダーウェブにかかった状態で火属性攻撃を受けるとダメージが2倍になる。
    • 同時に蜘蛛の巣は解除される。
    • BS製造の火属性武器は、軽減は無属性適用だがスパイダーウェブで2倍になって解除される。(あべこべになっている)
  • 相手を指定してそのセルに対して蜘蛛の巣をオブジェクト設置するため、足の速い相手に使用すると抜けられる事がある
  • オブジェクト設置スキルであるためLP上の対象には効果がない。
  • 対象指定スキルであるため、WOFにかかった相手には不発することがある。
  • 同一セルにいる対象が重なっている場合、1回で複数まとめて捕縛可能
  • 複数束縛した後に重ねてもう一度使った場合は対象のみ束縛、よって複数束縛は1回のみ可能
  • 生体の転生DOP、トール火山やモロク狭間のMob飛ばしを筆頭に、強敵を"飛ばす"ことに利用するスキル。
    • "飛ばす"というのは、Mobがテレポートを使う状況に追い込むということなので、テレポを持っていないMobは飛ばせない(生体でもオーラ転生DOPはテレポートを持っていない)
  • 高Agiだろうがボスだろうが8秒固定で足止めできるため、不意の横湧きに対する足止め目的としても非常に優秀
  • 位置ズレしたPTメンバーに使用する事で、その人のサーバー上の位置に蜘蛛オブジェクトを発生させる事で実際の位置を確認することが出来る。
    • トールや次元の狭間でのSWサポートなどに利用できる。

ウォールオブフォグ(Wall of Fog)

  • 簡単な話、主に「敵には接近されず遠距離戦のみの戦闘」という場面で自陣の保護膜として設置するスキルである。
  • メリット
    • 範囲内に居ると敵から受けるスキル攻撃を一定確率で不発させたり、ダメージの減少ができる。(全てのスキルではありません)
    • 遠距離物理系の攻撃に対し特に効果が高い。
    • 効果範囲に入った敵を暗闇にし、まとめてターゲットをはずすことができる(通常Mobに限る)。
  • デメリット
    • 範囲内に敵(プレイヤー、Mob)が入ると入った敵にも上記メリットが付与されてしまう。
    • Mobが効果範囲に入ってしまうと、Mobに付与された上記メリットは30秒間継続する。これは霧の外にMobが出ても効果時間中続く。
    • 対人戦で霧を使用している場所に飛び込まれた場合、相手にもメリットが生じるので対応が遅れる可能性がある。

  • 詳細(熟読する事をお勧めします。)
    対PC(プレイヤー)、対通常Mob、対ボス属性Mobなどをはじめ
    相手攻撃手段により、ダメージ減少率などが変わるため、
    利用者以外もウォールオブフォグに対する理解が必要となる。
    メリットだけを見ると設置型の万能防御スキル。(悪く言えば中途半端スキル)
    対通常Mob(ボス属性を除く)を一定時間無力化させることができる危険回避スキルとも言える。
  • 一覧表(間違ってる可能性が在るので、何かあればsageスレまで)
    (不発率/減少率)近距離物理攻撃近距離スキル攻撃遠距離物理攻撃遠距離スキル攻撃暗闇
    対PC0%/0%75%/0%0%/75%75%/25%
    対通常Mob0%/0%75%/0%0%/75%75%/25%
    対ボス属性Mob0%/0%75%/0%0%/75%75%/25%×
  • 消費SP25 詠唱、ディレイなし 一度に2枚まで設置可能。重ね置き可能。
  • 持続時間は20秒。設置範囲は5*3で設置点を中心に3×3、さらに東西に1セルずつ伸びた状態で展開される。
  • デリュージの上に設置すると、接続時間が40秒になる
  • バイオレントゲイルボルケーノランドプロテクターの上に設置することはできない。
  • ニューマ上に重ねることは可能。
  • 敵の攻撃が遠距離攻撃の場合、敵HITに-50の補正がかかる。
  • 霧の中にいる相手にキャラ指定スキルを使用した場合、一定確率で失敗させたり、威力を減少させる。
    狩りで使用するとモンスターにも似たような効果が30秒間(モンスターが霧の効果で暗闇になっている時間とは別カウント、MOBの場合霧から出ても持続する)持続するため使い勝手が難しい
  • mob専用ターゲットスキル(属性攻撃、闇SSなど)や範囲スキルは不発しない。
  • ASは関係なく不発しない。2007/10/28現在、AS/DC共に不発する模様
  • 霧の中に入ったBOSS属性以外の敵は100% 暗闇にかかる(R化に伴い耐性やBASE差によりかからないケースも有り)(対人では完全耐性があれば防げる)。対人では自分とパーティメンバーは暗闇にかからない。
  • 霧の中から外に出る時に暗闇状態から回復する(対人、通常フィールド共)(モンスターは回復しない)
  • ボス属性の敵に直接ウォールオブフォグを置いた場合、デメリット効果しかない。つまり、ボス属性の敵にウォールオブフォグを置くだけ無駄となる。
  • テクニック
    • 強力なmobスキル"アースクエイク"は射程内一斉ターゲットスキルのため、敵と4セル以上離れていれば軽減可能。
      その他ヘルジャッジメントや対セシル、ディミック、エントヴァイエン戦にも効果あり。

    • 暗闇を利用してのタゲはずしは決壊時などに「緊急回避」として使えるが、その後30秒間はデメリットの為効果的な殲滅方法が範囲攻撃のみになる。
      上記をふまえ「緊急回避」として利用する場合は、タゲが外れたMobが散る為、バキュームなどでのフォローを加えたり、霧状態に気がついていない仲間へチャットで「霧に漬けたぞ!」などの注意を促す配慮も必要。
      このフォローの間に体勢を立て直すなど、各自の迅速な行動が要求されるが気心知れた仲間ならできるかもしれない。

    • 自分がソーサラーかつ、ソロの場合は型にもよるが、スペルフィスト・大魔法、共にこちら側のデメリット影響が少ない為、セイフティウォールと組み合わせた簡易鉄壁状態を作ることができる。モンハウに遭遇し処理ができない場合などそのまま逃げてしまうことも可能(だたし他にPTが居るようであれば控えましょう)。
  • 不発スキル一覧
    「不発」とは、対象を指定してクリックしても何も発動せず、またSP消費やジェム消費、阿修羅による爆裂の解除や気孔の消費も起きない。スキル使用失敗やミス等の表示もでない。スキル使用後ディレイがあるスキルでもディレイが発生しない。
    (敵スキル攻撃対策で味方に撒く場合は横湧き処理にスキル攻撃が使えない他、サフラ(支援スキル)も不発するので注意)
職業不発スキル未検証スキル
SwordManバッシュ、プロボック無し
Knightピアース、スピアスタッブ、BDS、BB、SB無し
LordKnightスパイラルピアース全て
CrusaderHX、SdC、SdBプロヴィデンス
Paladinプレッシャー全て
MagicianFBFBlCBFDLBNBSSSC(ジェム消費無)無し
WizardWB、JT、ES無し
HighWizardナパームバルカン、マジッククラッシャー無し
SageスペルブレイカーESディスペル無し
ProfessorMBrSpWバーン無し
ArcherDS、CA無し
HunterBB無し
SniperFA、ShS(霧内を直接狙った場合)無し
BardMS無し
Clownアローバルカン無し
Dancer矢撃無し
Gypsyアローバルカン無し
Acolyte速度減少、HL無し
PriestLA、TU、サフラ、LD無し
HighPriest無し
Monk阿修羅、指弾、発勁無し
Champion全て
Thiefインベナム、スティル無し
AssassinSB、グリムVS
AssassinCrossSBr他全て
Rogueバックスタブ、DSストリップ系、インティミ
Chaser全て
Merchantメマー、CR無し
BlackSmith武器修理
WhiteSmith全て
AlchemistアシッドテラーPP、ケミカル系
Creator全て
TaekwonKid全て
StarGladiator全て
SoulLinker全て
Gunslinger全て
Ninja全て

ダブルキャスティング

  • タイプ: アクティブ
  • 対象: 自分
  • 取得条件: オートスペルLv1
  • 詠唱時間: 2秒(固定)
  • 略称: DC
  • スキル使用後ディレイ: なし

ダブルキャスティングを発動すれば右側にダブルキャスティング状態表示がアクティブになる
ダブルキャスティングがアクティブになっている間は、ボルト類スキルを使えば(オートスペルに発動されるボルト類含み)、使用後一定確率でそのボルトがノンキャスティングでもう一度出る

レベル12345
確率40%50%60%70%80%
持続時間90秒
消費SP4045505560
  • 06/03/14現在、ASボルトには乗りません。なので、基本的には非AS型向け。
    しかし、韓国鯖にてASボルトにも乗るようになったので実装後は非常にAS型向けのスキルになると思われる。
  • 07/10/23 ベインスパッチにてASボルトに乗るように修正されました。
  • 魂状態のASボルトにも乗る。
  • 説明にあるようにボルト系限定なのでソウルストライク等には効果なし。
  • バニルミルト帽のようなAS装備のボルトには乗らない。
  • 発動モーションが2回出るのでその分硬直が大きくなる。
  • 説明ではわかりにくいが、持続時間中は何度でも発動する。
  • 通常ボルトであってもDEX型が特にブラギの上で使うと魂ASを凌駕するほどのボルトシャワーになる。
  • 1本目の通常ボルトでオーバーキルになった場合、DC判定がされても通常は追加ボルトは降らないが、倒したMobが画面内に即湧きするとDC分がそちらに飛んでいく。
  • 低ASPDの場合に限り、SCやFDなどの属性変化計算が変わらない場合がある。
    詳しくは超強いマジ芸で。
  • 持続時間が他の補助スキルと比べてもかなり短いので注意。
トップ  差分 バックアップ リロード  一覧 単語検索 最終更新  ヘルプ  最終更新のRSS