Last-modified: 2015-03-02 Mon 20:40:55 JST (845d)

マジシャンスキル

SP回復力向上

詳細

  • 取得条件:なし
  • 種別:パッシブ 特殊条件
  • 略称:SPR
  • レベル選択:不可

10秒間歩く行為をしない事を条件に(3+MaxSP*0.002) * SkillLVのSPを回復する
(歩きさえしなければテレポ、蝿、敵への近接攻撃、スキル詠唱などをしても発動する)
SP回復剤の効果が10%*SkillLV向上する(Intによる回復量増加とは加算)
なお、重量50%を越えると自然回復と同様、発動しなくなる

使用感

  • FW→下がってFB4*2でほぼジャストでSPRが発動。(DEX初期値。フェン有無は誤差。)
  • テレポ移動、スクワットと組み合わせることで、SP回復しながら索敵が可能。
  • 最終狩場が監獄や魂カアヒ狩りの場合SPが尽きることもあるので効率UPの為に取る人もいる。
    • ただし、10秒立ち止まらないとまったく効果がないため発動を意識して立ち回らないと恩恵が薄い。
  • 通常時の狩りの効率を上げるスキルというより、修羅場後の休憩時間を短縮するスキル。
    • 課金消耗アイテムを使っている人にはわりと切実だったり。
    • SPをヒルクリ回復に回しやすいので懐も痛まない。
  • 殴り型の場合、ヒルクリによる回復を見込めるようになるので便利。
  • 月光剣持ち、HCを取った教授ならば削るのもあり。
  • 回復剤の向上効果はケミの青PPにも乗る。高レベルケミの魂付き青PPの回復力は異常。
  • 他を差し置いてまで取るというスキルではないが、あると便利、そんなスキル。

ナパームビート

詳細

  • 取得条件:なし
  • 種別:アクティブ 敵指定型 念属性
  • 略称:NB
  • レベル選択:不可

念属性魔法攻撃スキル。
詠唱が短く範囲攻撃だが、ダメージが分散するため一網打尽にするには向かないスキル。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)500
ディレイ(ms)1000900800700600500
攻撃力(MATK)0.80.91.01.11.21.31.41.51.61.7
消費SP9121518
攻撃範囲指定した敵を中心に3×3


使用感

  • 範囲内に敵が多ければ多いほどダメージが分散して威力が下がる。故に範囲火力にならない。
  • VIT-DEX型が氷を割るためのスキル。
  • 範囲内に分散するが、複数の敵がいた場合でも属性相性で100%以上の場合は最低1ダメージが保障される
  • 基本的にスキルポイントの消費の割に威力を見込めないので他スキルの前提として取るだけでOK。
  • Lv10の場合小回りが効くもののSP消費が多く、メイン魔法として使いづらい。
  • 凍結した敵は属性が水1になるためINTが1でも最低1ダメージが入る。
  • ASで使っても殆ど意味がない。魂付きでもそれは変わらない。

ソウルストライク

詳細

念属性攻撃魔法スキル。
NBと同じく詠唱が短く即効性が高いが単体攻撃。
念属性ということもあり、癖が強いスキル。

  • レベル選択:可能
    Lv12345678910
    基本詠唱時間(ms)500
    ディレイ(ms)1200100014001200160014001800160020001800
    攻撃力(MATK)1
    ダメージ倍率12345
    対不死追加ダメージ(%)5101520253035404550
    消費SP18142420302636324238

使用感

  • 奇数Lvで弾数が増え、偶数Lvで消費SPとディレイが減る。
    しかし、単体攻撃としては燃費が悪く連発するとガス欠を起こす。
  • Lvが低いうちはその詠唱の短さから臨時やPT戦で役立つ。
    逆に言うと切るとLvの低いうちは臨時やPT戦でやることがなくなりやすい。
    即効性のある共闘スキルとしては範囲攻撃のNBやFBlに劣る。
  • 短詠唱、長ディレイとID型には不向きなスキル。逆に低DEX型には即効性がありがたい。
  • 対不死への能力が高まったが縦FWの威力には劣る。
  • ブラギ(+サービス)にのるとビックリするほど強くなります。
  • メインの使い方は打ちもらしの片付け。足の遅い敵を逃げ打ちすることも出来る。
    しかし、ディレイが大きめなため確実にとどめを刺せる状況でないと思わぬ事故を招く。
  • 総評すると高Lv狩場では有効な敵が少ない為、あまり人気がない趣味スキルと言える。
  • 素ASで使っても微妙極まりないが魂付きならマクロスミサイル状態が可能、かも。
  • 念ボルトではないのでプロフェッサースキルのダブルキャスティングの効果を得ることは出来ない。

セイフティウォール

詳細

ブルージェムストーンを1個消費。
防御フィールドを作り出し、一定時間・一定回数or規定耐久度に達するまで直接物理攻撃を無効化する。
有効な限りはいかなる大ダメージでも無力化出来るため非常に強力な防御スキルだが、耐久度を超えたダメージは防げない。いわば設置型キリエ。
遠距離物理攻撃や対人でのPCからの魔法攻撃は防ぐことが出来ない。
アコライトスキルのニューマ(遠距離攻撃防御スキル)と背反し、
同一セルとその周囲1セルにはどちらか片方しか置くことが出来ない。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)41003700330029002500210017001300900500
ディレイ(ms)0
防御回数3456789101112
基本耐久度13300136001390014200145001480015100154001570016000
持続時間(s)5101520253035404550
消費SP303540


使用感

  • 対人ではニューマの妨害(SWと効果範囲を重複できない)、阿修羅覇王拳の防御、エンペの保持などで使えるスキル。
  • R化による仕様変更で、MaxLvの10まで詠唱時間が短縮される。従来は7でも十分に役目を果たせたが、耐久度の実装・回避ならば耐久回数はノーカウントと言った変更が加わり悩ましいことに。
  • 支援タイプならば10推奨。今まで以上に咄嗟に出せるのは非常に大きい。
  • 狩りでは後衛の緊急回避、SGが出るまでの安全確保、など。
  • 対モンスターにおいては隣接している状況に限り、魔法攻撃も防ぐことが可能。
    ただし、対人戦闘においては従来通り貫通される。
  • そのため生体3Fやタナトス上層部等、強い敵が多いところで真価を発揮する。
  • 回避しても使用回数がカウントされてしまうため、AGI型ソロには不向き。

サイト

詳細

  • 取得条件:なし
  • 種別:アクティブ 即発動型 火属性
  • 略称:Si
  • レベル選択:不可

周囲に隠れているものを暴き出すスキル。
アコライトスキルのルアフよりも有効範囲が広い(7x7セル)がこちらは攻撃判定がない。

Lv1
基本詠唱時間(ms)0
持続時間(s)10
消費SP10


使用感

  • 基本的にはFWの前提スキル程度の扱い。
  • ルアフの範囲減少に加えクローキング修正により対人ではサイトの重要度が高くなった。
  • 狩りではクローキングした敵はすぐ出てくるのでサイトはそれほど必要でなくなった。
    ただし、極一部に隠れたまま攻撃し続けてくる敵(ゴスリンやタナ悲など)もいるので注意しよう。
    特に後者は非常に危険なため、現れる場所に行く際は十分な警戒が必要である。
  • 例外的にチェイサースキルのチェイスウォークだけは暴き出すことが出来ない。

ファイアーボルト

詳細

  • 取得条件:なし
  • 種別:アクティブ 敵指定型 火属性
  • 略称:FB
  • レベル選択:可能

火属性基本攻撃魔法スキル。
スキルレベル数分だけ魔法の矢を飛ばしダメージを与える。
矢の数だけダメージが増すがその分詠唱時間と消費、ディレイが大きくなる。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)700140021002800350042004900560063007000
ディレイ(ms)1000120014001600180020002200240026002800
攻撃力(MATK)1
ダメージ倍率12345678910
消費SP12141618202224262830


使用感

  • 最もスタンダードな攻撃魔法スキル。
    ...であったが、シロマCの登場により汎用魔法の座を奪われつつある。
  • 序盤の敵の多くは地属性のため、マジ時代の主力になる。
  • FWの前提であるFB4でもさほど困らない。
  • 教授スキルのSpWとFB10を組み合わせるとソロで5桁ダメージ可能。
  • DEX型であれば6〜あっても便利。FWの継続時間の絡みで5〜7が使いやすい。
  • 監獄に長く籠もるなら10あって損はない。
  • FCAS型なら魂の効果も考慮してなるべく10欲しいところ。
  • 高レベル狩り場になると火属性が有効な敵が減ってくるため、属性によるアドバンテージがなくなってくる。
    主に対不死用の攻撃手段になり、無や闇相手だと他のボルトと差がなくなる。
  • モロクパッチで実装されたインプカード(詠唱25%減少、ダメ+25%)の効果でさらなる火力を望めるようになった。
    二つつければ詠唱時間半減、ダメージ1.5倍と凄まじい効果を発揮するが、入手難易度は高い。
  • ボルト系魔法共通事項として、Lvが上がってヒット数が増えても攻撃回数自体は一回でしかない。
    つまりボルト10でもアイシラcの発動確率が10回分あるわけではないし、月光剣でSP3x10回復出来るわけでもない。
    ただし、レックスエーテルナはその1回のヒットを2倍にしてくれる。

ファイアーボール

詳細

  • 取得条件:ファイアーボルトLv4
  • 種別:アクティブ 敵指定型 火属性
  • 略称:FBl
  • レベル選択:不可

爆発する火の玉を飛ばし攻撃する火属性範囲魔法スキル。
NBとは違いダメージが分散しないが、中心からずれるとダメージが若干低くなる。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)15001000
ディレイ(ms)15001000
中心攻撃力(MATK)R前0.80.911.11.21.31.41.51.61.7
中心攻撃力(MATK)R後1.61.821.22.42.62.83.03.23.4
分散ダメージ上記攻撃力の3/4
消費SP25


使用感

  • NBと違い、敵がたくさんいてもダメが減らないため、火が効く相手にはそれなりに火力になる。
    ただし、効果の割に燃費はあまりよくない。
  • HD撃つまでもないけどFWだけじゃちょっと足りないかな、というときに使うスキル。
  • 対窓手への唯一の複数攻撃。
  • Lv6以上ではそれなりに小回りが効くようになるので意外と便利。
  • VIT-DEX型の氷割に使えないこともないが、敵によってはMISSが出て割れないことも。
  • ASに仕込んでもNBとほぼ同じ。

ファイアーウォール

詳細

炎の防壁を作り出し、敵を足止めしつつ攻撃出来る攻防一体のスキル。
ダメージ自体はそれほど高くないが敵を足止めしている間に追撃が可能になる、
INT型マジシャン系の基本といってもいいスキル。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)2000185017001550140012501100950800650
ディレイ(ms)0
攻撃力(MATK)0.5
最大HIT数/火柱567891011121314
ノックバック距離(セル)2
持続時間(s)567891011121314
消費SP40


使用感

  • INTを70以上上げる型の場合ほぼLv10必須といえるスキル。
  • FWで敵の移動を阻止し、一方的に魔法を当てることが可能。
    • 縦置きに代表されるFWを使った各種テクに関しては、マジスレテンプレのファイアーウオール関連の項に詳しい。
    • 縦置きすることで、持続時間いっぱいまで敵(以下に例外はあり)を足止めでき、また不死には多段Hitできるようになるため、強めの敵に対しても対応できるようになる。
  • 全部で3つまで発生可能で縦横置きの場合は3セル、斜め置きの場合は5セルに発生させる。
    また、セージスキル・バイオレントゲイル(風属性場)の上に出すと持続時間が1.5倍になる。
    • 一度発生させたFWは全てのセルを消費しなければ新しく出すことは出来ない。
      不死焼きなどでは中途半端に食いつぶされて次のFWが出せないことがあるので誘導テクが必須。
  • 完全殴りタイプの場合、接触している敵の数の調整にも使えないことはないが消費SPが大きい。
  • 火属性の敵や高水、不死に対しては足止めが出来ない。
    • ただし不死に対しては多段Hit(最大で14×3Hit)するので、短詠唱と高威力を両立した非常に優秀な攻撃スキルとなる。
  • ボスモンスター(MVPボスや梟など)もノックバックしなくなり突っ切ってくるようになった。
  • FCで移動しながらFWを置いた場合、FWの向きは詠唱開始時ではなく発動時のPCの位置で決定される。
    従って移動しながらの縦置きは多少コツがいる。
  • 月光剣やリリースオブウィッシュを効果的に活用出来るため、足止めしつつSP回復出来る。
    また、判定回数の多さからアイシラcの追加効果を高い頻度で発動する事も可能。
  • 最近はPTしかやらない、もしくは常時魂FCAS型ならFWを切るという選択肢も出てきている。

コールドボルト

詳細

  • 取得条件:なし
  • 種別:アクティブ 敵指定型 水属性
  • 略称:CB
  • レベル選択:可能

水属性基本攻撃魔法スキル。
スキルレベル数分だけ魔法の矢を飛ばしダメージを与える。
矢の数だけダメージが増すがその分詠唱時間と消費、ディレイが大きくなる。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)700140021002800350042004900560063007000
ディレイ(ms)1000120014001600180020002200240026002800
攻撃力(MATK)1
ダメージ倍率12345678910
消費SP12141618202224262830


使用感

  • マジシャン時代はジュノーマップのゴートを倒す時に使えるかな、程度。
  • 基本的に取りたいスキルの前提だけで十分。
  • FCAS型の場合はミノSD火山で重宝するので高Lv取得もあり。
    高レベルの敵は火属性が多いため、ID型にも必要(と言うか取らないと攻撃手段がない)
  • FBと同じくモロクパッチで実装されたシロマカードで火力をブースト可能。
    こちらは入手が容易なため、お手軽に火力を上げたい場合に向く。
    風・土・不死属性を除けば属性相性はFBと変わらないため、汎用魔法として用いることもできるようになった。
  • しかしオットー討伐とスーパーセルの普及により日陰の存在に。
    フロストダイバーの習得如何によっては切り捨てる人が大勢を占めてしまった。

フロストダイバー

詳細

  • 取得条件:コールドボルトLv5
  • 種別:アクティブ 敵指定型 水属性
  • 略称:FD
  • レベル選択:不可能

対象を凍り付かせて足止めする攻撃スキル。
ダメージ自体はそれなりに高いものの、単体攻撃かつ確率での凍結なため確実性が低いのが難点。
ディレイもやや大きく癖が強いが、凍結中の敵は強制的に水属性になるため、
風属性スキルでの追撃でダメージを増すことが出来る。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)800
ディレイ(ms)1500
攻撃力(MATK)1.11.21.31.41.51.61.71.81.92.0
基本凍結率(%)38414447505356596265
凍結率(%)(基本凍結率) * (1-対象MDEF(%)/100) - (対象INT+対象LUK) / 15
基本凍結時間(s)36912151821242730
凍結時間(%)(基本凍結時間)*(1-対象MDEF(%)/100)
消費SP25242322212019181716


使用感

  • ファイアーウォールと双璧を成す敵の足止めスキル。
    特にSDミノ火山など、FWで仕切直しが出来ない場所で効果を発揮。
  • 凍った敵はしばらく何も出来ないので敵の数の調整等もできる。
  • さらに凍った敵は強制的に水属性になるためライトニングボルトを使うことにより高いダメージを叩きだす事ができる。
  • しかし確実性に乏しいので敬遠されがち。式を見てわかる通り最高の条件下でも3回に1回は凍らない上、強敵ほど凍らないので使い所が難しい。
  • FW越しに撃つのは凍ってもそのまま滑っていってFWに当たって割れるのでダメージ目的でなければあまり意味がない。
  • PTではFWより使いやすい。
  • Lv10の時MATK倍率と短詠唱からソウルストライクの代用として使えなくもない。
  • 射程が通常の魔法と同じなのでGvGではストーンカースより撃ちやすい。
    アシッドケミ、ストリップローグ、メルトダウンホワイトスミスと相性が良い。

ライトニングボルト

詳細

  • 取得条件:なし
  • 種別:アクティブ 敵指定型 風属性
  • 略称:LB
  • レベル選択:可能

風属性基本攻撃魔法スキル。
スキルレベル数分だけ魔法の矢を飛ばしダメージを与える。
矢の数だけダメージが増すがその分詠唱時間と消費、ディレイが大きくなる。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)700140021002800350042004900560063007000
ディレイ(ms)1000120014001600180020002200240026002800
攻撃力(MATK)1
ダメージ倍率12345678910
消費SP12141618202224262830


使用感

  • 風属性という特性上、序盤の主な獲物である地属性に弱く、マジシャン時代はあまり使わない。
  • フロストダイバーと併用して使うことの多いスキル。
  • FD-LBで倒しきれる敵の減少で総合的な地位は↓。
  • 使いどころが限られ癖が強いが水属性の敵は一つのマップに固まっていることが多く、場所によっては非常に有効である。
  • 高時給狩り場の氷D実装に伴い、俄然重要度が増した。
    氷Dをメイン狩り場にするなら10必須と言える。
  • その他は伊豆D、オットー、アノリアン等を狩りに行くなら欲しいところ。
  • ただし、水属性固有の問題点としてFW狩りがしづらいこともあり、ID型とは相性が悪いスキル。
  • FB,CBと違ってブースト用のカードがない。
    魂ASで戦う場合は銀の懐中時計セットなどを使うとよい。

サンダーストーム

詳細

  • 取得条件:ライトニングボルトLv4
  • 種別:アクティブ セル指定型 風属性
  • 略称:TS
  • レベル選択:可能

大きな雷を落とし、中程度の範囲を攻撃する攻撃魔法スキル。
マジシャンスキルとしては唯一と言っていいダメージソースになりうる範囲攻撃だが、
その分詠唱時間が非常に長く、使い手を選ぶスキル。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)10002000300040005000600070008000900010000
ディレイ(ms)2000
攻撃力(MATK)R前0.8
攻撃力(MATK)R後1.0
ダメージ倍率12345678910
消費SP29343944495459646974
攻撃範囲5×5


使用感

  • 高LvのINT-DEX型のTS10ならばウィザードスキルLoVを凌ぐ時間火力を出すことができる。
  • 移動速度が速い敵に対してダメージが二重に当たる現象があるため、現在の仕様では対リビオ最強魔法となっている。
  • MATK倍率が0.8なので高MDEF敵に対しては力不足。
  • セージがもっとも威力を出せる範囲魔法ではあるがそれはあくまでダブルヒット前提。
    素の状態で当ててもHDに劣るので火力にするならダブルヒット必須であり、PT戦には不向き。
  • 詠唱が長く効果範囲が狭い為、うまく敵に当てるのが難しい。PTでは素直にHD連打の方が効果的な場合が多い。
  • FCAS型でも意外と使えるスキルだが、ココモビーチや監獄通いをしないならHDのほうが無難。
    氷D3Fで使えそう…と思いきや、魂なしASではTSがあっても火力不足、魂を使うとTSの詠唱中に倒せてしまう。
    DEXを抑えがちなAGI型には詠唱時間の関係もあって運用が難しい。
    プレイスタイルに合わせて取捨選択しよう。
  • HDのダブルヒットは修正されたという前歴もあるので、いつ修正されても仕方がないと割り切って習得するが吉。
  • RR化?で1*1のオブジェクトから5*5のオブジェクトへ変更された。

ストーンカース

詳細

  • 取得条件:なし
  • 種別:アクティブ 敵指定型 地属性
  • 略称:SC
  • レベル選択:不可

相手を石化させて一定時間行動不能にするスキル。
石化した相手は強制的に地属性に変化、自動回復が止まり徐々に体力が奪われていく。
マジシャンスキルでは唯一の地属性だが、攻撃魔法ではない。

Lv12345678910
基本詠唱時間(ms)1000
ディレイ(ms)0
石化ダメージ(HP)5秒毎に対象MaxHPの1%
基本石化率(%)24283236404448525660
石化率(%)基本成功率*{100-(3+MDEF(%)+LUK/5)}[%] (?)
石化時間(s)20
消費SP25242322212019181716
ジェムストーン消費成功失敗に関わらず消費失敗時は消費せず


使用感

  • 射程3セルと他魔法より、とても短い
  • GvGではドル鎧普及により石化しないことが増えた(特にエンペルーム内)
    かつては石化対策のしにくさから対人において敵の足止めとして注目が集まっていた。
  • 石化完了時は消費アイテム使用不可能である事を利用してタフな貧弱な低VITキャラを落としたりもできる。
  • 石化完了時に強制土属性1になることを利用してゴスリン鎧のキャラを阿修羅覇王拳で倒すのに利用することもできる。
  • プロフェッサースキルSpWと相性が良い。
  • 狩りで使うには赤ジェム消費が大きすぎて実質不可能。対人を考えないのならHD前提の1で十分。

エナジーコート

詳細

  • 取得条件:マジシャンJobLv35以上(転職済みでもOK)
  • クエストで習得する(スキルポイントは不要)
    • ゲフェンの北東にある魔法ギルド内、左奥のNPC「大魔道師」と会話しクエストを受ける。
    • アイテム(ガラス玉3、ダイヤモンド1カラット1、かたい皮5、けっこうかたい皮1)を集めて報告すると習得できる。
    • 転生キャラはクエストをしなくてもマジシャンになった時点で使えるようになっている
  • 種別:アクティブ 即発動型
  • 略称:EC
  • レベル選択:不可

魔法の防御フィールドを張り、SP消費をする代わりにある程度実ダメージを下げるスキル。
ダメージ減少効果は現SP量に比例するが代わりに消費SPも大きくなる。

Lv1
基本詠唱時間(ms)5000
ディレイ(ms)0
効果残SP量(%)1〜2021〜4041〜6061〜8081〜100
ダメージ低減量(%)612182430
低減時消費SP(%)11.522.53
持続時間(s)300
消費SP30


使用感

  • 即死防止の為に使うスキル。(窓手では積極的に使いたい)
    しかし、基本的には時間稼ぎ程度の効果。
  • 被弾しまくりの状況だとSPがモリモリ減るため、出来るだけ被弾する状況は避けたい。
  • ソロ狩りで即死しない狩場であればあえて使わないことにより効率が伸びることがある。
    月光剣を持っているなら常時使用を推奨。
  • INTをある程度振るタイプの場合、最低でもINT100以上ないと常用は厳しい。
    消費が%単位なため、MSPを上げれば上げるほど消費が大きくなる。
  • ただし、INT(MSP)の少ない殴りステの場合は大抵の場合においてSP-HP変換効率はヒルクリよりも上
  • テレポでダメージを無効化してもSPはきっちり減るのでMHが多いところを飛び回っていたら枯渇していたなんて事も。
  • 盾と併せてダメージを大幅カット出来るため、トール火山や次元の狭間などでは生死を分けるスキル。
    高難度マップでは出来る限り、SP満タンを近くを維持したい。

参考:マジスレテンプレ

トップ  差分 バックアップ リロード  一覧 単語検索 最終更新  ヘルプ  最終更新のRSS